« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/30

ファミスタオンライン その10

結局・・・、次の日に仕事が普通にあるにもかかわらず、残り9試合戦ってしまいました。

結果は5勝4敗。
2時過ぎまでかかりました。

トータルでは9勝11敗。
2勝はマドハンドなので、勝率はもうちょっと落ちます。

得失点は87得点、63失点。
うち12点はマドハンドから獲得。
これを引いても得点が上回っています。
一試合4ホーマーとか気持ちよかったです。
高橋も打ったので、換えなくてもいいかなと思ったり。

清水は掲示板でもらったCの緒方孝市に換えました。
少しミートが劣りますが、守備と肩がアップ。
守備がかなりよくなったと思います。

打率は0.373。
最初のマドハンドで稼いだかもしれません。
二回目のマドハンドは、時間を節約したいため、一点取っただけです。

ホームランは12本。
これはうちのチームではこんなものではないかと。
投手層が薄いチームの人が多いのか、最初から汗をかいているピッチャーだったり、球威が低いピッチャーを使わざるをえないからかもしれません。

防御力は5.01に下がりました。
守備に慣れたのと、前述の緒方の獲得が大きいかも。

20戦終えて、1000FPのボーナスをもらいました。
あと400安打記念でパワーが+1される肘あてをもらいました。

無理して試合したのは正解でした。
今日、帰宅してみると、メンテナンスで入れません。
おそらく時間までに9試合は行えなかったでしょう。

メンテも終了して、スロットを回してみました。
テスト生デッキで行くのなら、今のチームが結構いいので、あとは抑え・中継ぎ投手を充実できればと思いました。
あまり根拠はないのですが、パ・リーグスロットに挑戦。
22回回して、選手は4人しか出ませんでした。
L 河原、Sh 芝草、F 矢野、F 立石です。
全員、ピッチャーでした。
球威がCないと安心して使えないので、三人は使えません。
欲しかったF 立石が出てよかったです。

12月1日から公式戦も仕切り直しです。
今度はもっと余裕を持って戦っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/29

ファミスタオンライン その9

某巨大掲示板で、選手カードを入手しました。
先発ピッチャーが三人追加できたので、さっそく公式戦を行ってみました。

最初はいきなり5連敗です。
全投手で負けました。
ショックです。

50試合記念、10本塁打記念、登板回数100回突破記念で各100ずつ、あと前回のあまり99とあわせて、5回スロットを回しました。
アシストカードが1枚、選手が4人です。
出た選手は、T 相木、D 鳥谷部、T 喜田、G 林でした。
デッキを変える選手はいません。

それからまた公式戦を続けました。
規定期間内に20試合すると、ボーナスFPがもらえるらしいのです。

今度は間違えて公式戦(フル)をやってしまいました。
こちらは同じ期間内に15試合でいいのですが、9回までやらなければなりません。
なんとか勝利しFPを稼ぎます。

公式戦に戻って6試合やれました。
結果は4勝2敗。
ローテーションが一周し、各投手の有効な配球がわかってきたのかもしれません。
もっとも一試合はマドハンドに当たりました。
これはボタンを押しっぱなしにし、自動的に試合を行う方法をいいます。
期間内に試合をこなさないといけないので、そうする人もいるとは聞いていました。

マドハンド相手には11-0でコールド勝ちしています。
しかも詰まっていた盗塁もさせてもらい、5盗塁ボーナスを獲得。
さらに200奪三振で200FP、100得点で100FP、10本塁打で100FPなどと稼いだり。

トータル1700FPを超えたので、スロットを回しました。
結果はアシストカードが13枚、選手が4枚です。
出た選手はG 十川、Yb 牛田、C 大竹、T 秀太でした。
C 大竹は、いまの先発陣の回復が間に合わなかったときに役立つかもと期待しています。

某巨大掲示板で言われているように17連続アシストカードとかならずにすんでよかったです。
そんなに皆、引きが悪いのでしょうか。
もっとも私もいいカードは引いていませんが。

あと9試合でボーナスFPがもらえると思ったら、たいへんです。
期間は11月30日までなのです。
12月に入ると新しいリーグが始まります。
うーん、とりあえず雰囲気がわかってよかったと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/28

レンジャーズストライク第四弾追加購入

レンジャーズストライク第四弾を、カードダスで入手してきました。

SRが出たら止めようと思い行ってきました。

結果は9回目に、タイムレッドが出ました。
しかしまだ小銭があったので、4回やって、二度目のカードが詰まり。
お店の人があとなんかいやります?と聞いてきたので、一回分渡してもらって終了しました。

結果は惨敗。
タイムレッドのところで止めておけばよかったです。
サイレンビルダーは一枚もありません。
気に入っているロボなので、一枚は欲しいです。

あと大会で使いそうなアバレブラックはあと一枚いります。

とりあえずデッキの形は見えましたが、入れたいカードが多くて困ります。
でも2枚しか入れないと引かないこともあるので、調整が難しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/27

書籍「頭がよくなるクラシック入門」

頭がよくなるクラシック入門を読みました。

「頭がいい人、悪い人の話し方」の著者が書いた本です。

自分が頭がよくなったのは、クラシックを聞いていたからだと述べています。
頭の良さと、クラシックを聞くことの関係は立証されていません。
そして「頭がいい人、悪い人の話し方」を書いているくせに、どうも頭がいいとは思えない、鼻につく文章で、読んでいてむかついてきました。

しかしクラシックが計算された音楽であるということには納得。
聞き方を変えてみようと思いました。

頭がよくなるクラシック入門
頭がよくなるクラシック入門

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/26

ファミスタオンライン その8

体調が悪く、プレイから遠ざかっていました。
そして朝練・昼練キャンペーンも終わってしまい、モチベーションも低下。
前回から9日開きました。

前回のデッキをちょっと改良。
80歳はスキルが発動しないとかなり弱いらしいです。
そこで対左投手1を持っているハンゲー部のメロン娘に換えてみました。

あのデッキですと合計WPが570ピッタリなんです。
現在監督レベルが6だと限界WPが570なんで、上限いっぱいになります。
そこそこのデッキが組めたと思うのですが、問題はデッキレベルです。

監督レベルだけでなく、デッキにもレベルが設定されています。
テスト生デッキは使用WPが525までです。
次はファームデッキで、使用WPが600までになります。
570だとファームデッキになってしまいます。

WP30くらいならなんとかなるかと思って、オープン戦を戦ってみました。
相手は一番ピノ、二番 井端弘和SP、三番 小笠原道大(SP?)、四番 A・カブレラ(SPorTH?)と、私が想定しているベストのオーダーで来ました。
他にもSHINJO SPも確認。
あっさりコールド負けしました。

こんなのでずっとリーグ戦を戦うと思うと、勝てるはずがありません。
そこでテスト生デッキを組み、そこそこのピッチャーを入れ替えて戦うことにしました。
松坂SPを抜き、内海を入れます。これでWPがマイナス25。
リリーフを木田からハンゲー部のポコタンヌへ。これでマイナス20。
570-45=525
やっとテスト生レベルになりました。
あとはWP45以下の先発を4人くらい用意し、ローテーションしていくことになります。

これで戦いますが、内海だと負けます。
オープン戦なら疲労度に関係ありませんから、やはり松坂SPを使おうと思いました。
でももうぎりぎりです。
キャッチャーを柳澤からペ・ロッパにしてマイナス10。
3回なら先発だけで投げきれるので、リリーフエース藪田から木田にしてマイナス15。
45+25=70
ということで松坂復活です。

それでも操作ミスとかあってあまり勝てませんでした。
間が開くと、外野の位置とか忘れてしまうようです、と言い訳してみたり。
いえ、次の記録ボーナスが5盗塁なんですが、いまだ1盗塁なんで、頑張ってみたんですが、刺されてアウトになるばかり。
盗塁厨ってどうやるんでしょう。

結局全部3回の試合で2勝7負。
防御率は7.33まで下がってきてますし、ホームランも打って、あと1本で5本塁打ボーナスとか。
投打がかみ合ってないのかもしれません。

今回は200安打記念ボーナスでプラス100FP。
自分で300は稼いだので、4回スロットを回しました。
アシストは2枚、選手は2枚出ました。
選手の一枚はYbの鈴木尚典、もう一枚はYsの古田敦也です。
古田、使いたいんですが、WPがもういっぱいです。

今後は清水と高橋をWPの低い選手に入れ替えていくくらいしかないなと思っています。
その前に使える先発をあと3人は集めないとリーグ戦に臨む気になりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/25

レンジャーズストライク 第4弾 四雄の覚醒

レンジャーズストライク 第4弾 四雄の覚醒を購入しました。

第3弾の環境下では、忙しくて大会に参加できませんでした。
三色気力<緑単<赤青アニマルハート<三色気力<・・・
というデッキの三すくみの環境だったとか。
公式大会では赤黄のデッキも強かったようです。

いずれも構築してみたのですが、どれも一長一短。
私は緑単は趣味に走り、ライブロボがゴーゴードリルとコンビネーションするデッキになっていました。
三色気力は面白みに欠けます。
青赤アニマルハートデッキがお気に入りでした。百獣アニマルハート自体は入っていませんでしたが。

第4弾の環境では、対策カードが導入されたので、若干三色気力が弱まるような気がします。
青赤アニマルハートは、アバレブラックの登場で上方修正でしょうか。
アバレキラーで自軍のMユニットでストライク。捨て札になっても、レスキューファイターでパワー送り、超電子レーダーで回収っていかがでしょう。
タイムピンクも相手によりますが追加でストライクできる可能性が広がります。

今日、カードショップに行ってみたら売っていたので、2箱買って来ました。
1箱15パック入りなので、30パックです。

スーパーレアは、スーパーダイボウケン、キラーオー、アバレレッドAMの3枚。
レアは、アバレブラック*2、アバレキラー*2、ライドラプターの5枚。
今回初登場のノーマルレアは、爆竜ブラキオサウルス、アバレブルーAM、アバレイエローAM、タック、帝王アトン、ゴーマ16世、皇帝バッカスフンド*2、暴走皇帝エグゾス、創造王リュウオーン*2の11枚。
欲しかったサイレンビルダーは一枚もありませんでした。
これってSRが一枚のハズレBOXだったのでしょうか。

とりあえずデッキを組み直し、友人と戦ってみたいです。

レンジャーズストライク 第4弾 四雄の覚醒 ブースターパック BOX
レンジャーズストライク 第4弾 四雄の覚醒 ブースターパック BOX

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/24

47都道府県制覇の夢 茨城県編

一年ぶりの再開です(´Д`;)ヾ

茨城県には何回か行ったことがあります。

父親の友人関係とか、母親の友人関係とかで行ったことがあるようです。
子供のころなので、えらく遠いなとは思いましたが、どこというはっきりした意識は無く、茨城県だったろうという感覚です。

つくば万博はつくば市ですよね。
明確な場所がわからぬまま行っていました。

明確に覚えているのは、大学のときの部活での合宿です。
阿字ヶ浦なんて行きましたね。
夜の浜辺で海を眺めたり・・・。
いい思い出です。

あとはひたちなか市です。
モーニング娘。が出場する駅伝を見に行きました。
目的の後藤真希が走る区間を予想し間違えて、他のメンバーが走るところを応援しましたが。
当日は券を持っておらず、競技場のライブを見られなかったのは残念でした。

茨城県というと水戸の納豆ですね。
私は納豆が食べられないので、魅力ないです。
水戸は梅酒も有名とか。
いい梅が取れるのでしょうか。
干し芋も生産量が日本一とか。
こちらはいいですね。
おばあさんが食べていたのを分けてもらったり。
干し方が中途半端な小さいやつが好きでした。
最近食べてないな~。

名所だとどこになるでしょう。
偕楽園は思いつきます。
筑波山には登ってみたいです。
潮来とか霞ヶ浦とか南の方も気になります。
つくばエクスプレスも出来ましたから、以前よりはるかに気軽に行けるようになってきたと思います。
そのうち落ち着いたら行ってみたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/11/23

書籍「リンダリンダラバーソール―いかす!バンドブーム天国」

リンダリンダラバーソール―いかす!バンドブーム天国を読みました。

これはバンドブームについて、ブームに翻弄された著者が描く自伝です。
ある部分ではフィクションが混ざっていると思います。
大槻ケンヂは小説も書きますから、うまく書いてると思います。

バンドブームが去っても、バンドは健在です。
カンブリア爆発のようにバンドも一般に浸透したと考えるべきだと思います。

私はあまりバンドブームに絡まなかったので、そんなに感動はしませんでした。
いろいろ思い出がある方には、面白い本ではないかと思います。

リンダリンダラバーソール―いかす!バンドブーム天国
リンダリンダラバーソール―いかす!バンドブーム天国

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/22

映画「DEATH NOTE the Last name」

映画「DEATH NOTE the Last name」を観に行って来ました。

「グエムル -漢江の怪物-」や「X-MEN:ファイナル ディシジョン」、「ザ・センチネル/陰謀の星条旗 」、「16ブロック」など、観たかったのですが、忙しくて見に行く時間がありませんでした。
やっと仕事も落ち着き、精神的にも肉体的にも余裕が出来て、やっと見に行くことが出来たのがこの作品です。

原作では月がLを倒し、Lの意思を継ぐ者との戦いとなりますが、映画ではLとの戦いで決着が付くとのこと。
果たしてどんな結末になるのか興味津々でした。

映画の最後の戦いでは、「なるほど、そういう手があったか!」と唸らされました。
ただ疑問に思ったのは「Lはレムが自分の名前を書いたことをどう知りえたか」という点です。
監視カメラでずっとレムを追っていたということも考えられますが、月から目を離すわけにも行きませんし・・・
他には小さい点ですが、「母親と妹には、弥海砂との関係をどう説明したのか、説明がなかったのはどうなんでしょう。
いい解決策がなかったのでしょうか。
」、
決着は、「月がLを倒したあと、ノートに自分の父親の名前を書いたことにより、家族を殺されて傷ついた海砂がそんなことをする月を見限るのかとも思ったり。外れましたが・・・」(ネタバレなので背景と同じ色にしてます。選択すると見られます)
と、いろいろ疑問点はありますが、かなり面白かったです。
テレビで放送されたのを録画していましたから、ちゃんと見ておけばよかったかもしれません。

あとよかったのは片瀬那奈。
海砂役の戸田恵理香も難しい役を体当たりで演じていてよかったのですが、片瀬那奈は魅力たっぷりに描かれていてナイスでした。
優木まおみといい、こういう傾向の女性が好みになってきたのでしょうか(´Д`;)ヾ

DEATH NOTE the Last name公式ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/21

書籍「主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万 パソコンひとつで成功!のコツ」

主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万 パソコンひとつで成功!のコツを読みました。

アフィリエイトで成功された人の本です。
だいたい成功した人って、特殊なんです。
水面下では多数の失敗した人たちがひしめき合っているのです。

成功した人たちと同じことをしてもうまくいきません。
その人だからうまくいったわけですし、たまたま偶然時流に乗ったということであり、もう流れは変っているかもしれません。
あと同じことをやってもよくて2番手。
今の時代、その業界のトップに立たないと厳しいです。

と否定的な見方ばかりを書きましたが、やはりコツコツと準備を重ねていたからこそ、幸運の女神の前髪を掴めたのだと思います。
何もしないでうまく行くわけはないのです。
成功事例に学び、自分なりの方法を進めていくのがいいと思いました。

そしてこの本を読んでいて、閃いたのでちょっと実行してみました。
しかし今の忙しさから、すでにストップしてしまっています。
他にやってる人がいないんで、かなりいけるんじゃないかと自負していたのですが・・・。

アフィリエイトを始めてみたい人にはいい本だと思います。

主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万 パソコンひとつで成功!のコツ
主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万 パソコンひとつで成功!のコツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/20

書籍「文庫本雑学ノート〈2冊目〉文庫王のごひいき文庫ものがたり」

文庫本雑学ノート〈2冊目〉文庫王のごひいき文庫ものがたりを読みました。

前回よりパワーダウンしています。
もうネタは出尽くしたのでしょうか。

一冊目だけで十分だと思いました。

文庫本雑学ノート〈2冊目〉文庫王のごひいき文庫ものがたり
文庫本雑学ノート〈2冊目〉文庫王のごひいき文庫ものがたり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/19

書籍「人とお金が集まるブログ作りの秘伝書」

人とお金が集まるブログ作りの秘伝書を読みました。

読んだんですが、日にちがたっているせいか、内容をほとんど覚えていません。

初心者向けの基本的な内容が多く、飛ばし読みした気がします。
飛ばしたところに重要なことが書いてあったのでしょうか・・・。

もっとも基本を徹底的に抑えていくことが、ブログでの集客アップに繋がるということなのかもしれません。
高層ビルも土台がしっかりしていないと建てられませんから。

本格的にブログを使って稼ごうと思ったら、もう一度読んでみたいと思います。

人とお金が集まるブログ作りの秘伝書
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/18

リボルテック No.14 イングラム2号機を購入

リボルテック No.14 イングラム2号機を購入しました。

前に買ったイングラム1号機とはほぼ同じです。
頭部は新造形。
肩も違っています。
1号機と価格は同じなのに、ライアットガンが余分についています。

ほとんど同じなんですが、関節が変っていたり、関節を目立たないように変更がされているようです。
まだ箱を開けていないので、詳しくは他サイト参照してください(^_^;)

やっと模擬戦ができるようになりました。
二体並べるとなかなかカッコイイです。
でもやっぱり敵と戦わせたいところ。

零式やグリフォンはいつ発売になるのでしょう。
第一弾のダグラムの敵が発売されたのが半年後。
イングラム1号機が発売になったのが9月ですから、3月くらいと期待しておきます。


リボルテック No.14 イングラム2号機
リボルテック No.14 イングラム2号機

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/17

書籍「機動戦士ガンダム」

機動戦士ガンダムを読みました。

昔、中学生のころか、この小説を2巻だけ読もうとしたようです。
しかし同時は小説を読み慣れておらず、途中で投げ出してしまいました。

そして20年たってやっと読み通すことができました。

物語はアニメの機動戦士ガンダムなんですが、展開が違います。
富野由悠季監督が本当はこう進めたかった物語なのかも。

アニメの方も実際には打ち切りにならなければ、似たような展開をしたかも知れず、今のようなブームにならなかったかもしれません。

機動戦士ガンダム〈1〉
機動戦士ガンダム〈1〉
機動戦士ガンダム〈2〉
機動戦士ガンダム〈2〉
機動戦士ガンダム〈3〉
機動戦士ガンダム〈3〉

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/16

書籍「働くことがイヤな人のための本」

働くことがイヤな人のための本を読みました。

今、転職を考えていますが、それは今の職場を逃げ出したいから、あるいは働くのが嫌になっているからなのではないかと思い、この本を読めば、多少今の職場でもやる気が出るのではないかと思って読んでみました。

その考えは大間違いでした。
この本を読んでもまったくやる気は湧いて来ませんでした。
仕事というよりは、世の中の理不尽さを受け入れて、死ぬときに何事にも引きずられず、死そのものを考えながら死ねたら最高だという結論なっていると思います。
読み進めるのに苦労しましたし、作者に共感できなかったので、間違えて解釈しているかもしれません。
私は俗な人間なんで、欲望は払いきれません。
世の中は理不尽なことで溢れているということを受け入れたあと、もっと万人受けする結論が欲しかったと思います。

働くことがイヤな人のための本
働くことがイヤな人のための本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/15

ファミスタオンライン その7

今日も昼練タイムにプレイ。

6試合しか出来ませんでしたが、結果は4勝2敗でした。
今日はバグ打ちやバグ投球を使う人がいなかったからかもしれません。

監督レベルが9の人や11の人と戦い、勝利できたのはうれしかったです。
デッキレベルが同じなので、なんとか戦えてます。

2敗はレベル16の人と21の人。
さすがに強かったです。

防御率は7.75まで下がってきました。
得点はこの6試合では17点も取っています。
今までの29試合で33点ですから、かなり打てるようになりました。

総合成績は11勝21敗3分けに。

監督レベルが一つ上がり5になりました。
ボーナスでFPが500ももらえました。
あと投球100回突破記念と10勝記念、50得点記念で各100FPのボーナス。
勝利したので試合数が少なくてもFPが稼げてます。
合計で2200FPも貯まったので、スロットを回しました。

引いた選手は、
Yb 吉村裕基
G 十川孝富
Yb 村田修一SP
Ys 三木肇
G 高橋由伸
D 鎌田圭司
C 栗原健太
です。
7枚も引けましたし、SPが一枚でました!

サードはE 吉岡からYb 村田に変更です。
Yb 吉村もパワーが44あるので、いいのですが、SPが勝ります。
吉村はサブ守備にファーストがあるのですが、セギノールの方がパワーで勝るということで。
C 栗原もパワーが50もあります。
WPが余ってきたら、代打要員というところでしょうか。


外野はG 高橋を使用します。
肩が強いのでライトへ。
センター返しより引っ張る打者が多いということを聞いたので、走力の高いG 鈴木はレフトへ。
G 清水は残ったセンターへ。

出来上がったデッキはこんな感じです。
1番 左 G 鈴木尚広 
2番 遊 C 梵英心 
3番 右 G 高橋由伸
4番 三 Yb 村田修一SP
5番 一 F F.セギノール
6番 二 Yb 内川聖一SP
7番 中 G 清水隆行
8番 捕 D 柳沢裕一

先発 L 松坂大輔SP
抑え M 藪田安彦SP
抑え Ys 木田優夫
抑え G 鴨志田貴司

代打 Hg 80歳
代打 Hg サル☆吉

公式ページの攻略掲示板に書かれていたデッキの組み方を参考にしています。
一人当たりのWPを増やすために、最少人数の14人になっています。
しかも代打はWPが20のハンゲー部の二人。
もっとも80歳はスキルが四つもありますし、今日は活躍してくれました。

投稿には控え投手に先発がもう一枚と書かれています。
G 内海を入れるくらいしか選手がいません。

キャッチャーはそろそろ一軍選手が欲しいところです。
やっぱり谷繁か阿部か矢野。
阿部は捕手の中で一人だけWPが55もあるので苦しくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/14

書籍「たった400字で説得できる文章術」

たった400字で説得できる文章術を読みました。

200字程度の基本的な短文を用いてテクニックの練習を行い、400字で説得力ある文章を書くためのノウハウをふんだんに解説している本です。

第6章の「文章を書くごとに暗礁を乗り越える」ということが最近身につまされました。
毎週二回メルマガを発行しているのですが、なんでも押し付ける部署というか会社の体質なんで、毎回私が書くハメに。
売り(特徴)のある商品、企画がないと、書くのに苦労します。
2時間とか平気でかかります。

この本を読んで、ブログに文章を書くのも、気をつけていかないと駄目だと思いました。

たった400字で説得できる文章術
たった400字で説得できる文章術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/13

マンガ「ボーイズ・オン・ザ・ラン」に練馬が出ていた

毎週、ビッグコミックスピリッツを読んでます。
連載中のマンガ「ボーイズ・オン・ザ・ラン」に、地元練馬が出ていました。

主人公がガチャガチャの営業マンということで、秋葉原が舞台だったり、ちょっと池袋の描写があったりして、親近感を持っていました。
今回、主人公に勇気を与えたボクサーの所属ジムが練馬にあるということで、そこを訪れる主人公。
写真資料を使って書かれた背景は、まさに練馬!

ストーリーの方は、予想外の展開でひと段落してしまったので、これからどうなるか気になっています。

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1
ボーイズ・オン・ザ・ラン 1
ボーイズ・オン・ザ・ラン 2
ボーイズ・オン・ザ・ラン 2
ボーイズ・オン・ザ・ラン 3
ボーイズ・オン・ザ・ラン 3
ボーイズ・オン・ザ・ラン 4
ボーイズ・オン・ザ・ラン 4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/12

書籍「青空チェリー」

青空チェリーを読みました。

表題作の『青空チェリー』のほか『ハニィ、空が灼けているよ。』と『誓いじゃないけど僕は思った』の三つの短編が収録されています。

著者の豊島ミホさんは『青空チェリー』でR-18文学賞大賞読者賞受賞作を受賞しています。

私が読んだのは文庫版です。
単行本では内容が異なっているとのこと。
『ハニィ、空が灼けてるよ。』は大幅な加筆修正がなされ、『なけない心』は姿を消し、テーマが同じ『誓いじゃないけど僕は思った』に書き換えられています。

『ハニィ、空が灼けているよ』は、キャラクターのイメージがわきにくく、感情移入ができませんでした。
『青空チェリー』は大学生の女性が、女性のための書いた作品ということで、受賞したと思います。
男性が読む小説にはもっと直接的な表現があるものが多いですし。
もっとも女性向けの官能小説は読んだことが無いのでわかりませんが・・・。
『誓いじゃないけど僕は思った』は似たような気持ちを持っていたので、共感しました。もっとも大学卒業までは引っ張りませんでしたが。

青空チェリー
青空チェリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/11

ファミスタオンライン その6

今日は1勝6負1分と大幅な負け越し。
1分は1レベル上の人との戦いでしたが、最後までいい試合。
最後の最後エラーで点を与えてしまってショックでした。

F.セギノールがホームランを打ったのはうれしかったですが、いまだ一試合の平均得点が1点。
完封負けが今日だけで3試合もありました。
皆、なんであんなに打てるのでしょう。
すごい外角ボール球もヒットにされます。
バグ技を使われているのでしょうか。

防御率は8.3までしか下がりませんでした。
8点を上回る得点は有り得ませんから、これからどうするか。
バグ投球法もあるらしいですが。
バグ打ちvsバグ投げ、使わない者負けってことは寂しい限りです。

とりあえず気を取り直して、スロットに挑戦。
今回は記録を二つ達成したので+200FP。
今日、稼いだ分と合わせて11回回せました。

今、うちのチームの外野は、G 鈴木尚広、G 清水隆行、G 斉藤宜之が守っています。
鈴木尚広はジャイアンツで走力が50を超える唯一の選手なので皆も使っているようで、安打数が多いみたいです。
清水は外野E、斉藤は外野Dなんで攻撃力を上げつつ、守備力も強化できたらと思っています。
F SHINJOは外野Aただ一人ですし、肩も強いので欲しい選手です。
しかし、T 赤星憲弘とかD 福留孝介、Ys 青木宣親、Yb 金城龍彦、D アレックス、Yb 多村仁とTOP10にセ・リーグの選手が6人、パ・リーグはFの3人、ナムコスターズで1人となっており、セ・リーグスロットを回したほうが当たる確率が高いと考え、セ・リーグスロットを回しました。

2枚、ノーマルカードが出ました。
1枚目はYsの武内晋一、2枚目はBsの秦裕二。
今回はどちらもデッキには入りませんでした。

あまり負け続けるとテンションが下がるので、バグ技の対処法を知らねばと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/10

想定外の行列

いまいち売れないような感じだったPLAYSTATION3ですが、前日からかなり並ぶ人がいたようです。

ネットショップに割り当てられた本数も減らされました。
お店に並んでくれた人に悪いからとか。
そのために倉庫から車を使って移動手配とか、20時過ぎてから言わないでください。
私が手配したわけではないですが、その分、その人の仕事が伸びて、私も影響を受けて帰宅が遅くなりました。

有楽町のビックカメラで1000人以上並ぶってすごいですね。
最初、新宿へ行き、あまりの混雑に秋葉原へ。
ここでもヨドバシカメラで500人以上並んだとか。
そしてさらに流れて有楽町へって流れのようです。

たしかDS Liteの時は、有楽町ビックカメラが比較的すいていたという印象が、今回も働いたのではないかと思われます。
ただ初日で10万台ってかなり少ないですね。
もっとも初期ロットって不具合の可能性も高いですし、きっと2,3年たてば安いモデルが売られるような。
そのころになれば、地上波デジタル放送を睨んで、デジタル放送チューナー搭載の薄型テレビを購入しているような気がします。

今、ヤフオク見てみましたが、早くも9万円とか値が付いてます。
そんなにしてまで遊びたいゲームって・・・。

今の時点ではどうせ買うならWiiを買います。
価格も安いですし、昔、懐かしのゲームもダウンロードで楽しめます。
もっともまだヤンガスも解いていませんし、ファミスタオンラインも楽しんでます。
今使っているPLAYSTATION2が壊れるまでは買わないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/09

書籍:たった1行で!売る お客様が思わず買ってしまう商品「キャッチフレーズ」の極意

たった1行で!売る お客様が思わず買ってしまう商品「キャッチフレーズ」の極意を読みました。

実際に商品に使われたキャッチフレーズを批評したりして、わかりやすかったです。
例題として、実際に使われた似たような二つのキャッチフレーズを並べ、どちらがどうしてよいのか述べよといくつか出題されています。
私にはぜんぜんわかりませんでした。
さすがは元・花王広告主席ディレクター、経験が違います。

結局、センスは自分で磨かないと駄目みたいです。
ぜんぜん磨く時間がなくて、いつも一発勝負。
これからはせめて売り上げに貢献したかどうか、チェックしていかないと駄目でしょう。
今回の組織変更で、そんな時間すらなくなりましたが。

この本は、メーカーの商品開発向けであり、流通業では応用が難しいかもと思います。
流通業は、売れなければ、売れている商品に替えてしまえばいいのですから。
プライベートブランド商品を展開する場合には必要ですが、

章末にあるコラムは単に著者の自慢?かと思ってしまいます。
CM担当者になれば、芸能人と近づけるといいたいのでしょうか。

たった1行で!売る お客様が思わず買ってしまう商品「キャッチフレーズ」の極意
たった1行で!売る お客様が思わず買ってしまう商品「キャッチフレーズ」の極意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/08

ファミスタオンライン その5

今日は昼練をやってみました。
6回設定も3回ほどやりましたが、トータル9試合もできました。
結果は3勝5負1分と勝率が若干上がってきました。
防御率は一桁の8.5点になりました。
最初のころは3回設定で10点コールドとかやられましたから・・・。

監督レベルも2から4になってしまいました。
上限WPも525までアップ。
強い選手が入れられます。

記録達成ボーナスも合わせて750FP稼ぎました。
パ・リーグスロットを回します。
最初に「あたり」が出ました。
選手カードで、選手はL 野田浩輔でした。
どうなんでしょう。微妙?
オマケの一回はアシストでした。

ファミスタルーレットが導入され、スロットの方は選手カードが当たる確率がかなり下がったと某巨大掲示板で書かれています。
あと6回回しても駄目かなと思ったのですが、3枚選手カードを引きました。

まずE 吉岡雄二です。
念願かなってファーストの選手が出ました。
パワーヒッターではないのですが、一塁手の能力値合計ランキングでは8位になります。
スタメン決定です。

次はG 星孝典。
またキャッチャーです。
キャッチャーだけ充実しても・・・。
このゲームではキャッチャー以外で守っても、あまり違いは無いとか。
とりあえず優先順位は低いので後回し。

最後はF F.セギノールです。
またファーストです。
でもパワーだけなら吉岡を上回り、一塁手の中でも6番目の高さです。
貴重なパワーヒッターなのでスタメン入りです。

するとせっかく引いた吉岡が無駄になってしまいます。
しかし彼はサードの守備がFランクですがあります。
今までうちのチームはG 川中基嗣が守っていました。
Dランクなので、一つ下がっても攻撃力を取りたいということで、吉岡をサードに入れることにしました。

二人をいれてもWPは5ポイントあまりました。
今、一試合平均1点しか取れていません。
この野手のパワーアップでどれくらい点を取れるようになるか楽しみです。
もっともレベルが上がって、対戦する相手も強くなっているのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/07

書籍「売れる本のつくりかた―ベストセラー・ヒット企画を生み出す発想のヒント」

売れる本のつくりかた―ベストセラー・ヒット企画を生み出す発想のヒントを読みました。

タイトルに「つくりかた」と書いておいて、実際に「つくりかた」について書かれているのははコラムに数ページだけです。
ベストセラーを多数紹介している本です。
ベストセラーになった本の共通点を探し出し、ヒントを"自分”で探せということでしょうか。

紹介されている本はどれも面白そうです。
何冊か読んだ本はありますが、50冊以上は未読です。
たくさん読みたい本が増えてしまいました。

どんな本が話題になっていたか、チェックしたい人にはいい本だと思います。

売れる本のつくりかた―ベストセラー・ヒット企画を生み出す発想のヒント
売れる本のつくりかた―ベストセラー・ヒット企画を生み出す発想のヒント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/06

ファミスタオンライン その4

昼練以外で戦ってみました。

結果は1勝4敗1分とよくありません。
しかし防御率は今まで15点を超えていたのが、10点ちょっとに下がりました。
操作も慣れてきて、だいぶ失点が減りました。

稼いだポイントは記録記念ポイントも合わせて300ファミスタポイント(FP)。
ちょっと少ないです。
昼練の半分ですからね。
3回スロットを回すと1枚選手カードが出ました。
F飯山裕志でした。
ショートはC梵英心がいるので交代はありません。

戦う前、デッキを組み変えていて気付きました。
ファーストをファーストの適応がない選手が守っていたのです。
メインポジションがファーストの選手が一人もいませんでした。
サブポジションでBs岡田貴弘がFという能力ですが持っていたので、彼に守らせることに。

ファーストの選手はパ・リーグにSh松中信彦、L A.カブレラ、Sh J.ズレータ、Bs清原和博、F F.セギノールなどパワーのある選手がいます。
セ・リーグではパワーがあるのはG李承燁、D T.ウッズの二人。
ホームランはいまだに打ったことが無いので、しばらくはパワーヒッターの多いパ・リーグスロットを回そうと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/05

いとこの結婚式

今日はいとこの結婚式に行って来ました。

本当なら仕事で行けなかったのですが、上司が土曜日に結婚式に出席するとかで、交代して行けることになりました。

同い年のいとこだったので、どちらが先かなと思ってましたが、やはり彼女の方が先でした。

相手の男性を教会で初めてみたんですが、かっこよすぎず、優しそうな雰囲気で、よかったと思います。

てっきり指輪をはめ合ったり、誓いのキスとかあると思ったら、ありませんでした。
カトリックとプロテスタントで違うのでしょうか?
そういえば、新婦の父と新婦がバージンロードを歩いてから、新郎に受け渡すと思っていたら、一度、神父さんに渡していました。

ブーケも投げませんでした。
彼女の同僚も多く来ていたのですが、皆、既婚なのでしょうか。

式が終わって、バージンロードを引き返す二人は、とても幸せいっぱいの顔をしていました。
うらやましいと思うとともに、いつまでも幸せでいて欲しいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/04

書籍「パソコン1つで年収数千万円稼ぐ私のネタ帳」

パソコン1つで年収数千万円稼ぐ私のネタ帳を読みました。

タイトルでネタ帳といっているのに、ネタが書かれていません。
中身がなくて、いかに中身がすごいかと思われる方法が書かれてます。
本書に書かれているレポートを売れというのと同じですね。
商品を売る前に、商品に付いて詳しく書いたレポートを売ればいいというのが、この本の趣旨だと思いました。
しかし売れるレポートって、簡単に書けないと思うのですが。
レポートの書き方をもっと書いてもらわなければわかりません。

あと、Google対策ページを作って他のページは検索されないようにするって書かれていたのですが、それってかなり黒いグレーだと思うのですが。

結局、商材を買えというPRなんでしょう。
皆、だまされちゃうんでしょうねぇ。

この本は、図書館で借りてるので、散在しなくてよかったです。

パソコン1つで年収数千万円稼ぐ私のネタ帳
パソコン1つで年収数千万円稼ぐ私のネタ帳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/03

ファミスタオンライン その3

11月1日からファミスタコインが実装されました。
要はお金使って強くしてねってことです。

いろいろネットで情報を集めると、高確率で強い選手が入手できるとか。
普通に貯まるポイントでもスペシャルな選手は入手できるようですが、かなり低い確率らしいです。

カードにはレアリティが設定されており、ノーマル<スペシャル<プレミアと強くなるらしいです。
さっそくお金をつぎ込んで、プレミアのカードばかりを使う人もいるとか。

このゲームには監督レベルというものが設定されています。
経験を積むと、レベルアップしていきます。
レベルアップすると、ウェイトポイント(WP)が大きくなります。
WPは選手のカードや装備品に決められており、使うカードの合計が、使用可能WPを超えてはならないのです。

私はやっと監督レベルが2になり、使えるWPは490になりました。
強い選手をたくさん使えるようになるのはまだまだ先のことです。

しかしキャンペーン期間中にファミスタコインを購入すると、オリジナルWEBMONEYが当たるチャンスがあるとか。
最低金額は設定されていないので、たまたま残していたハンコイン400円分をファミスタコインに換えてみました。

そしてさっそくルーレットを回します。
1回につき、必ず選手カード1枚とアシストカード1枚がもらえます。
500コインなら6回まわせるのですが、仕方ありません。
4回で我慢です。

セ・リーグとパ・リーグに分かれているのですが、パ・リーグを回してみました。

最初に引いたのは、L松坂大輔!
しかもスペシャルです。
いきなり先発を入れ替えです。
今まで頑張ってくれた、G内海哲也、お疲れ様でした。

次はリリーフのM藪田安彦。
またスペシャルです。
ノーマルと違い、スキルを持っていますが、その分WPが高くなっています。
藪田は方程式1というスキルを持っていました。
どんな能力なのでしょうか。
松坂はピンチ3でした。

三枚目もピッチャー。
ノーマルのL A.グラマン。
もうピッチャーはいいかも。

またピッチャーだったらいやなので、セ・リーグルーレットに変更。
すると四枚目はバッターです。
スペシャルのYb 内川聖一でした。
スキルは固め打ち1。

少しはましなラインナップになってきた気がします。
しかしここで問題が発生。
WPが高すぎて、デッキが組めません。

代打をすべて外し、ピッチャーも松坂と藪田のみに。
今度はWPは下回りましたが、「選手数は14人以上にしてください」とエラーメッセージが。
ハンゲー部の選手はWPが20しかないので、代打に入れてみました。

ちゃんと試合をし、監督レベルを上げていかないといけないと痛感しました。
とりあえずコインを買うのもお休みです。
しばらくこのチームで頑張っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/02

ファミスタオンライン その2

今はキャンペーン期間ということで、朝の6時から8時まで、昼の12時から14時まで、もらえるポイントが倍になるそうです。
朝は起きられなかったので、昼に参加してみました。

初戦は自分でボタン設定しておいて、混乱してしまい、暴投などしてコールド負けしたり。
二戦目はおそらく初心者の方と戦い初勝利!

あと6試合やりましたが、2勝4敗でした。

初めて試合をすると100ポイントもらえます。
あと記録を達成するごとにもらえるようです。
今回は10安打達成記念、10奪三振達成記念、10得点達成記念で300ポイントゲットです。
その他、試合結果によって増減します。

ファミスタコードを入力してももらえます。
本当は公式サイトにあるFlashゲームをクリアしないともらえないのですが、時間がないので・・・。
ファミスタコードによっては、ハンゲー部のキャラクターのカードがもらえたりします。

なんかスロットをやったか忘れましたが、アシストカードばかり引きます。
選手カードはYs木田優夫、G村田善則、G星孝典、G鈴木尚広とかだったような。

選手が足りないので、ハンゲー部の選手を入れてみたり。
守備要員だけでなく、スタメンにも二人いますよ。
早く普通の選手で固めたいです。

試合結果は集計されます。
うちのチームは防御率15点台と打たれているので強いピッチャーが欲しいです。
守備もマニュアルでなく、オートにしたほうがいいかもしれません。

あと巨人の選手ばかりでなく、いろいろなチームの選手を使っていきたいので、オリジナルチーム名をつけました。
ユニフォームやロゴを変えるにはポイントが必要なので、選手が整ってきたらのお楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/01

ファミスタオンライン その1

ファミスタオンラインを始めました。

あのファミリースタジアムがオンラインで楽しめます。
ファミコンの野球ゲームといえばファミスタでした。
非常に懐かしいです。

オンライン版の特徴は、
・回数が3回、6回、9回と選べる
・選手がカード化されており、試合をすることによって貯まるポイントを使い、スロットを回して選手を補充する
・装備品により、能力がアップする
・アシストカードがある
などでしょうか。

キーボードでしか操作できないので躊躇していました。
アラド戦記はパッドで遊べたのに・・・。
ネットで検索していたら、パッドの各ボタンにキーボードのキーを割り当てるソフトがフリーで公開されていました。
これで使いやすいように設定して、やっと遊ぶことを決意しました。

普通に遊ぶだけなら無料です。
ハンゲームに登録後、ファミスタオンラインにさらに利用登録することが必要です。
通常はチュートリアルがあるので、試してみたほうがいいでしょう。
私はオープンβテストで体験したのでパスです。

監督名は他の人と重ならなければ自由につけられます。
そして12球団から選択して完了です。
一応、巨人ファンなので巨人を選択しました。

見てみると主力選手がいません。
これからポイントを貯めてスロットを回し、補充していくということなのでしょう。
最初は1300ポイントもらえるので、さっそく回してみました。
アシストカードばかり出ます。

アシストカードというのは、試合中に使うと、絶好調になったり、守備がうまくなるカードです。
一試合に3枚まで使えます。
うまく使えば、試合を有利に進められるでしょう。
これは同じカードは3枚まであれば十分なのですが、たくさん出ます。

選手カードは巨人の清水隆行が出たくらいでしょうか。
彼が四番を打つ打線って・・・。

こうなったら試合をしてポイントを稼がなくてはなりません。
負ける覚悟で試合に臨みました。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »