« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/24

書籍「Fine days―恋愛小説」

Fine days―恋愛小説を読みました。

恋愛小説はほとんど読まないのですが、「これは絶対面白い! 書店員が見つけたロングセラー」で紹介されていたので、読んでみました。

しかし失敗です。
面白くありませんでした。
その割には最後まで読んでいるのですが、何か足りない感じ・・・。
何かはわからないのですが。

そして恋愛小説とタイトルについているのですが、一般的な恋愛小説とは違いました。
わざわざタイトルにつけるくらいなので、普通に読んだら恋愛小説の範囲に入らないかも。

Amazonのカスタマーレビューでは評価の高い人がほとんどです。
読者を思いっきり選ぶ小説だと思いました。


Fine days―恋愛小説
Fine days―恋愛小説

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/23

2006学園祭

今年も友人に誘われて学園祭に行ってきました。

最初は自宅から自転車でいける距離の高校。
ここはチケット制かどうか確認できなかったので駄目元で行ってみましたが玉砕しました。

続いて毎年東大合格者をいっぱい出している中学・高校です。
こちらは名前と住所を記入するだけで入れました。

理系のクラブ活動が強いのが印象的でした。
理系でしたがプラナリアを初めて見ることができてうれしかったです。
昨年とは違って、他の展示を見て回ったり。
映画の主題歌当てクイズに参加したり、文学部の発表を永めに見たり。
体育館ではバスケットボール部の紅白戦が。
中学時代を思い出したりして、よかったです。

今年は自分の出身校の学園祭には行けるかなと希望を持っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/22

書籍:できる人の「仕事のアイデア」成功術

できる人の「仕事のアイデア」成功術を読みました。

ノーベル賞をもらえるようなアイデアと、普段の生活の中で必要とされるアイデアの出し方は違うとのこと。
私はそうは思わないので共感できずに読み続けました。

アイデアの出し方ではなく、日常の業務能力を高めるための指南書として書かれています。
違ったタイトルで発売されれば違和感を感じなかったと思います。

できる人の「仕事のアイデア」成功術
できる人の「仕事のアイデア」成功術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/21

書籍「ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ」

ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポを読みました。

本屋の前や中で英会話教室の勧誘とか、駅前で絵の即売会の案内とかいろいろキャッチセールスをやってます。
著者はそれに乗り込み、どんなことをされるのか、克明にレポートしてくれています。

秋葉原では駅前と裏通りに絵のキャッチが行われています。
大人しそうな男性が女性に連れられて店に入って行くのを見て、同僚と「蜘蛛の巣に捕らえられてしまった虫」と話し合っていました。
この本を読むと、その後どんなことが行われているのかわかります。

「見習いなんで手相を占う練習をさせてください」ってのも書かれていました。
あんなことになってしまうんですね。

ちょっとでも嫌だと思ったら逃げましょう。
相手は手練です。簡単には抜け出せません。
その場で決めて欲しい、出会いがたくさんある、自分を変えたいと思いませんかなど、ある程度共通した迫り方があります。
あとでじっくり考えて、自分の意思で決められないとなると、それはおかしいです。
気をつけましょう。

ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ
ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/20

アラド戦記 その1

ハンゲームをちょっと遊ぶことが多いです。
「パンパヤ」とか「セイムパズル」とか「マインサーチ」とか、短時間で手軽に楽しめます。
もっともはまって長時間になってしまうんですが。

さらに最近、面白いゲームが増えてます。
「ファミスタオンライン」はゲームパッドで遊べたらいいんですけど、まだ試してません。
無料でオンラインで野球ゲームが楽しめるなんていい時代になったものです。

あとFPSであるスペシャルフォースも気になります。
やっぱりPCのスペックが高く、回線速度が早い人が有利なんでしょうけど。

そして20日からオープンサービスが始まった「アラド戦記」です。
アクションRPGです。
多人数でもパーティーを組んで遊べるらしいですが、もっぱらソロで遊んでいます。
職業は鬼剣士、格闘家、ガンナーが選べます。
ソロなんで長距離タイプのガンナーを選んでみました。

街と街のつながりがわかりにくく、不用意に外に出ると、ダンジョンに入ってクリアしないと戻ってこられません。
(戻る方法に気付いていないだけ?)
あとは一部クエストでレベルを上げると達成しにくくなるものがあるとか、特定のスキルのコマンドが入りやすいとか気になる点があります。
あるいはコインの説明がなく、最初に持っていたコインをあっという間に消費してしまったり。
(これは私がしっかり説明を読んでいないということもありますが・・・)

難点もありますが、今のところは楽しくプレイしています。
服装のお店が実装されていないので、皆同じ格好というのがたまに傷ですが、ダンジョンに入ってしまえばソロなら気になりません。

落ち着いたらしっかりメッセージを読んで、世界観をみてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/19

顎が痛い

もともと顎関節症っぽかったのですが・・・。
ちょっと顎が痛くなりました。

原因は・・・、ガムの噛みすぎです(´Д`;)ヾ

最近、休前日は明け方4時くらいまで起きてしまっています。
夕食が23時くらいで、寝る前に歯を磨こうと思って部屋に戻ります。
日記を書いたり、ゲームをしたり、本を読んだり、録画した番組を見たりすると、3時4時はざらです。
どうせ8時に目覚めるなら、わざわざ歯磨きに出て行くのも億劫になってしまって、そのままバタンキュー。
結局8時には起きられず、10時近くになってしまいます。

するとちょっと歯が痛いような気がしてきたり。
このままだとまずいと思い、ロッテのキシロトールガムのボトル入りを購入しました。
説明書きを読むと・・・、
『一日の摂取量の目安:1回に2粒を5分噛み、1日7回を目安に1週間続けると効果的です』と書かれていました。
真面目な私は、仕事中には噛めないので、一晩に7回噛む勢いで食べてました。

そして2,3日すると、やけに顎が痛いんです。
集中して噛み過ぎて筋肉痛になったか、噛み方が悪かったのか。
アホですね。
顎がうまく閉じれず、手を使って閉じれるポジションまで動かさなければならない始末。

今では昼食後、帰宅時、夕食後、睡眠前と分散して噛むようにしています。
ガムを噛むだけでなく、ちゃんと歯磨きもやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/18

書籍「レヴォリューションNo.3」

レヴォリューションNo.3を読みました。

映画になった「フライ,ダディ,フライ」が気になっていました。
「フライ,ダディ,フライ」を読む前に、「レヴォリューションNo.3」を読んでおいたほうがいいだろうという考えです。

あまり積極的な理由でなかったのですが、逆にそれがよかったのかもしれません。
面白かったです。
溢れる青春のエネルギーを無駄に使わず、まっすぐあることに注ぎ込む。

「4TEEN」とは違い、もっと荒っぽいというかパワフル。
また違った楽しさがありました。

レヴォリューションNo.3
レヴォリューションNo.3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/17

リボルテック No.10 イングラム1号機を購入

リボルテック No.10 イングラム1号機を購入しました。

噂の山口式可動、リボルテックの商品を買ってしまいました。
山口式稼動について、私は普通のプラモデルのように関節で稼動するのではなく、独特の切断面で回転させ、カッコイイポーズが決められるとイメージしているのですが、はたして。

肩の切断面が普通の関節とは違うので、動かすのに違和感があります。
Amasonのレビューにありましたが、慣れるとすぐにカッコイイポーズを決められるとか。
せっかくのアクションフィギュア、もうちょっと動かして遊びたいところですが時間が・・・。

私の買ったものは、腰の稼動部分が抜けやすい感じでした。
他の人も同じようなので、これはちょっと残念です。
塗装に関してはよくできていると思います。

11月に予定されている2号機も買って、模擬戦をイメージしてみたいところです。

リボルテック No.10 イングラム1号機
リボルテック No.10 イングラム1号機

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/16

翠江堂の苺大福を食す

今日は晴海トリトンにある翠江堂の苺大福を食べに行ってきました。

経緯はこうです。

5月26日に「チロルチョコ いちご大福」を食べ、本物を食べたいと思ったわけです。

インターネットで検索しても、いちご大福の作り方の載っているページが多くヒットし、売っている見つかりませんでした。

その後、いろいろありましたが、膝を痛め、接骨院へ。
そこで待っている間や、治療中に読めるよう雑誌がたくさん置いてあるのですが、その中で翠江堂の苺大福が紹介されていました。
場所は八丁堀。
縁遠い場所です。

ちょっと縁があって、晴海トリトンのホームページを見たのですが、そこに翠江堂の文字がありました。
支店を出されているようです。
晴海トリトンなら、いつも使っている大江戸線に乗っていけば、最寄の勝どき駅まで行きますから、そのうち行ってみようと・・・。

さらに忙しい時期を過ごし、4ヶ月弱。
やっと本日、行ってみたわけです。
当日、直前まで「第44回アミューズメントマシンショー」と迷ったのです。
翠江堂はいつでも行けると思いますが、幕張は最近行っておらずかなり疲れそうなので止めました。

土曜日の晴海トリトンはかなり静かな佇まいでした。
平日はオフィスで仕事している人たちが忙しくしていることでしょう。

そんな中、比較的混雑している隣のマクドナルドとは対照的に、非常に翠江堂は落ち着いた雰囲気です。
創業70年以上を数える老舗和菓子店の支店だけはあります。
お店は和菓子を売っているだけで、飲食するスペースはありませんでした。

苺大福をさっそく発見。
一つ210円です。
他にも、青梅の甘露煮が入ったそがの里、いその月など美味しそうな和菓子がたくさんショーケースの中に・・・。
葛饅頭を買いました。

近くのスーパーでお茶を買い、広場のテーブルについて食べてみました。
餅はやわらかく、こし餡はきめが細かい。
苺は大きくジューシー、しかししつこくない甘さ。
餡の甘さと苺のすっぱさが相反するのではとイメージしていたのですが、まったくそんなことはなく、甘さがすっと広がって、さっと消えて、香りが残るような感じです。
これが苺大福ですかぁ。

葛餅もおいしかったです。
ほかの和菓子も食べてみたいので、また来ようかと思います。
晴海トリトン自体には特に何もないので、次は本店でしょうか。

今回、この記事を書くに当たり調べなおすと、他の苺大福情報が見つかりました。
そちらも食べに行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/15

アクティックギア:装甲騎兵ボトムズ スコープドッグターボカスタム キリコ機 AG-V08を購入

装甲騎兵ボトムズ スコープドッグターボカスタム キリコ機 AG-V08を購入しました。

アクティックギアのスコープドッグターボカスタムを購入しました。
ノーマルのスコープドッグよりちょっと高いだけなのに、武器が豊富に付いていたのでこちらを選択。
この機体が出ているOVA自体は見ていないのですが。

アニメのボトムズはガンダムほど入れ込みはありませんが、シビアな世界観は大人っぽいと思っていました。

完成品なので、このまま遊べます。
少し墨入れをしてかっこよくしようと思っていましたが、時間が取れません。
中のパイロットのフィギュアもなんとかしたいですし。
悩ましいです。


装甲騎兵ボトムズ スコープドッグターボカスタム キリコ機 AG-V08
装甲騎兵ボトムズ スコープドッグターボカスタム キリコ機 AG-V08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/14

書籍:使えば儲かる!「売れるコトバ」と「買わせるセリフ」

使えば儲かる!「売れるコトバ」と「買わせるセリフ」を読みました。

紹介されているコトバの多くは良く見られるものばかりでした。
陳腐ですが、ベタでもそれを効果的に使うということが重要なのでしょう。

今、話していることよりも先の話をし、選択肢を絞ってしまう話し方は勉強になった。

逆にこの本を読めば、販売員の意図していることがわかり、いらないものを買うハメにはならないだろとも思いました。

使えば儲かる!「売れるコトバ」と「買わせるセリフ」
使えば儲かる!「売れるコトバ」と「買わせるセリフ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/13

書籍「4TEEN」

4TEENを読みました。

池袋ウエストゲートパークの著者の作品です。

月島中学に通う中学二年生四人組の物語。
このころの少年の気持ちをみずみずしく書いています。

こんなすごいエピソードはなかったけど、私もこんな時期もあったんだなと懐かしく思ってしまいました。


4TEEN
4TEEN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/12

書籍「買う気にさせる3秒ルール」

買う気にさせる3秒ルールを読みました。

客が商品を買うか買わないか判断するのはわずか3秒。
その間に、様々なことを考え、比較検討して購入に至るということを、ヒアリングを元に分析した本です。

これは日々のスーパーでの買い物の話。
商品によって比較検討する内容は違っており、それが売る側の常識とかけ離れているということが明らかになります。

これが家電などになると、考えるスパンが長くなります。
その間の思考の変化を考え、購入にいたるよう誘導しようというのが趣旨です。

お客様の気持ちを考えず、ただせっせと商品を登録し続けていました。
もっと考える時間が欲しいです。

買う気にさせる3秒ルール
買う気にさせる3秒ルール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/11

卓上ホルダー購入

安く携帯電話を購入できたのはよかったのですが、このお店、オプションはついていないのです。
ACアダプタも卓上ホルダもストラップもないのです。

ACアダプタは全機種共通なので、前の機種のものを使えば済みます。

P901iはコネクタカバーがゴムになっており、外すのは簡単でした。
しかしP902iのコネクタカバーは硬く、何度も付け外しを行うと、折れてしまいそうです。
早急に卓上ホルダーを購入しなければならないと思いました。

NTTDOCOMOのネットショップでは卓上ホルダー、売っていました。
価格は630円、配送料が525円、合計1,155円。
ドコモショップで取り寄せられるなら、630円だけで済みます。
ただ取り寄せに時間がかかる可能性も危惧されます。

とりあえず月曜日、昼食を急いでかき込み、会社から徒歩20分のドコモショップに到着。
今まで行った中で、一番立派なドコモショップでした。
広いし、天井高いし、綺麗です。
案内の女性に用件を話すと、すぐに順番が回ってきました。
すると窓口担当の女性は、在庫を調べてきますと言って、裏に行ってしまいました。
すぐに戻ってくると、卓上ホルダーをもって現れました。
大きいので、在庫も豊富なのでしょうか。

一か八かの感がありますが、こうして簡単に物を入手できました。

あるサイトの掲示板を見ていたら、卓上ホルダーがきつ過ぎて、携帯に傷が付くという書き込みがありました。
心配で早速、セットしてみました。
私の物はちょうどいい固さでよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/10

書籍「プロ論。」

プロ論。を読みました。

転職活動している最中に、転職情報誌から出版された本を読みました。
意図して重なったわけではありません。

いろいろな人の仕事に対する考え方が書かれています。

読んでいて転職すべきだと思ったり、思いとどまったほうがいいのではないかと思わされたり。

自分にとって仕事とは、考えるいい機会となりました。

プロ論。
プロ論。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/09

P902i購入

本日、P902iを購入しました。

前回P901iを購入したときには、2年は使ってやろうと思ったのですが、1年と4ヶ月ちょっとでの変更になってしまいました。

2ヶ月くらい前に携帯を落としてしまいました。
階段を降りているときに落とし、普通よりも落下距離が伸びてしまい、若干衝撃が強くなったような。
背面から落ち、背面液晶が点かなくなってしまいました。
そのほかの動作はするし、修理代は液晶代がかかりそうなので、しばらく使い続けようと。

落下のショックで配線のどこかがショートしているのでしょうか。
背面液晶は写らなくても、ショックで壊れて消費電力が増えたのでしょうか。
バッテリのもちが悪くなりました。
それでも、夜、家に帰ってきたら、一晩充電し、翌日一日は使えるという感じで、なんとか使えていました。

しかし今月に入り、さらにバッテリのもちは低下。
会社で100円ショップで買ってきた充電ケーブルを使って充電しなければならないくらいまで悪化しました。
充電しながらメールを送ったり、通話したりすると、バッテリが膨らんでしまうそうです。
それで劣化するのかわかりませんが、さらに時間が短くなり、ついに一昨日、メールを一通送信しただけで落ちてしまうほどになってしまいました。

ちょうど昨年の日記の大半を失っていて、いつP901iを購入したか覚えていません。
購入したときの様子は覚えているのですが。
冬ではなかったはずです。
まさか10ヶ月経過していないとか。

ブログを読み返したら、記述がありました。
10ヶ月を経過しているので、ひどく高い値段にはなりませんでした。

今回は前回とは違う店に。
池袋にある店です。
周辺の店とは違い、かなり安く売っています。

変なドットエリアが嫌いなので、一つ前のP902iを購入しました。
(P902iSはこの店でもまだまだ高いというのもありますが・・・。)
今は、カードを入れ替えるだけで交換できるので早いですね。
以前は確か、バイク便でどこかの支店から送ってもらっていました。
日に二便しかなくて、3時間待ちとかしたような記憶が。
今は在庫を持っているようです。

本当はブラックが欲しかったのですが、もう在庫がなく、生産も完了してしまうようです。
取り寄せに時間がかかると困るので、在庫のあるシルバーに決定。

いやー、バッテリがもつのっていいですね。
今度は充電しながら使わないように気をつけます。
あ、落下しないようにも気をつけます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/08

書籍「レンジャーズストライク公式ガイドブック」

レンジャーズストライク公式ガイドブックを読みました。

この本は、カードゲーム「レンジャーズストライク」の公式ガイドブックです。

単なる各カードの紹介やゲームの遊び方を紹介しただけでなく、カードのコンボ、サンプルのデッキも書かれていてとても参考になります。

第一弾のみの時には大会にも出場していましたが、第二弾が出てから、強いデッキが見えなくなってしまい、その他忙しくなって活動は縮小していました。
第三弾が出て、デッキの幅も広がり、公式大会も開催されたりしてきて、だんだん活動再開したくなってきました。

あと陰流忍術が一枚あれば、悔いなく出場できるのですが。
使わないデッキで出ればいいんですけどね。


レンジャーズストライク公式ガイドブック
レンジャーズストライク公式ガイドブック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/07

地元が変わってます

ここ何ヶ月かで、地元がかなり変ってます。
地元は練馬です。

いつも行っていたカラオケ屋が焼肉屋になりました。
パン屋が自転車屋に、ケーキ屋が美容院に。
定食屋が違うチェーンになっていたり、レストランが閉店していたり。

甘味処が定食屋に工事中。
駐車場が居酒屋二件にとか。
警察署の前はコンビニになるのでしょうか。

不動産屋がやけに増えたように思います。
お好み焼き屋は両方とも閉店?

これだけ変化があると記事にしやすいですよね。
アキバblogならぬネリマblogってどうでしょう。
需要がないかぁ~。

こんなニュースもありました。
サンスポ.com 「デスノート」作者を逮捕-東京・練馬でナイフ所持

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/06

書籍「小林宏明のGUN講座―ミステリーが語る銃の世界」

小林宏明のGUN講座―ミステリーが語る銃の世界を読みました。

以前、読んだ書籍「これは絶対面白い! 書店員が見つけたロングセラー」の中で紹介されていた本だったと思います。
この本は「さまざまなミステリー小説や映画に登場した銃を素材に、その歴史や背景を楽しみながら読み解く」ということで、ミステリ小説や映画を読み人は知っておいた方がより楽しめる、銃の知識が紹介されています。

銃の専門書ではありますが、あくまで上記を目的としているので、マニアックな説明はありません。
その銃の特徴、歴史などがわかります。

文章や内容はわかりやすく書かれているのですが、段組が悪いというか、メインの文章の間にコラムが割り込んできて、読みにくい構成になっています。

もっと写真を多用した方が印象に残りやすかったとも思います。

これを読んでグロックが欲しくなりました。

小林宏明のGUN講座―ミステリーが語る銃の世界
小林宏明のGUN講座―ミステリーが語る銃の世界

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/05

書籍「PC仕事術〈vol.2〉仕事の効率を上げるワザ100選」

PC仕事術〈vol.2〉仕事の効率を上げるワザ100選を読みました。

月の残業時間が68時間を越えました。
集計時にちょっと削られているので、実際には70時間を越えてます。
残業代はちゃんと出ているので、稼げていいじゃないかという声もありますが、働きたくないのに働かなければならない苦痛はきついです。

残業を減らすには仕事の効率を上げればいいのではないかと思い、本書を読みました。
しかし100あるワザのうち、役に立ちそうなのは2,3しかありませんでした。
かなり特殊な状況で役に立つ技が多いと思います。

vol.1の方に一般的な使えるワザが書かれていたのかもしれません。
今度、読んでみたいと思います。

今月は二回、会社を休んでしまったので、少し残業時間が減りそうな見込みです。

PC仕事術〈vol.2〉仕事の効率を上げるワザ100選
PC仕事術〈vol.2〉仕事の効率を上げるワザ100選

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/04

書籍「ほぼ日刊イトイ新聞の本」

ほぼ日刊イトイ新聞の本を読みました。

はっきり言って、ほぼ日刊イトイ新聞は見ていませんでした。

糸井さんは好きですし、ほぼ日刊イトイ新聞から生まれた「いいまつがい」は最高に面白かったですし、 「ペンギニストは眠らない」は大いに笑ったことを思い出しましたし、NHKの番組も見てたなぁとか、マザーもマザー2もやって感動したり。
でもほぼ日刊イトイ新聞はなぜか見ませんでした。

この本を読んで、逆に興味を持ちました。
このサイトからでた書籍も読んでみたいと思ったり。

面白いサイトを作るには、すごい情熱が必要で、人とは違うことをやらないと駄目なのだと痛感しました。

この本の中で一番印象に残ったのは、
「多忙は怠惰の隠れ蓑である」
というところです。
うちの部署はミーティングをほとんどしません。
忙しいからと言っていました。
皆、なかなか帰りません。
仕事が忙しそうです。
私は残業が嫌いです。
早く帰りたいです。
でも他の人が残っているのに帰れません。
この忙しさ、本当に忙しいのでしょうか。
隠れ蓑になっていないか疑わしいです。
もっと効率化を進められそうな気がするのですが・・・。

もう一つ、気になったところがあります。
「仕事をやったうえで大事な時間がある」
です。
サイトを立ち上げて軌道に乗るまで、めちゃくちゃ忙しい時間。
仕事充実させているからこそ、家族との時間、恋人との時間、自分だけの大事な時間があるのだと糸井氏は言っていました。
今の私の仕事は、ただ単に忙しいだけであり、仕事で充実できてないなと感じてしまいました。

情熱を傾けられる仕事に出会えるのでしょうか。
その前につぶれてしまうのでしょうか。
ちょっと厳しくなってきました。

ほぼ日刊イトイ新聞の本
ほぼ日刊イトイ新聞の本

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/03

DVDレコーダー導入

報告し忘れていました。

HDD内蔵DVDレコーダーを購入しました。
VHSも見られる奴です。

今まで使っていたビデオデッキが、早送りするとキーキー音が鳴るようになってしまったため、テープが絡まるようなトラブルになるまえに買い換えようと思いました。
しかしどうせ買うなら、3in1のDVDレコーダーでもいいかなと。
ちょっと前に父親が購入して楽しそうに編集作業にいそしんでましたし、地上波デジタルチューナーを搭載していなければ、3万円台で購入できるところまできてました。
さらに社内でセールをやって、売り上げ0だとまずかったり。

ダウンロードした番組表から録画予約できるのは便利です。
毎週録画する番組があっても、ビデオテープを入れ替える必要がないもの楽です。
毎週録画する番組は一度設定しておけば、テープ残量を気にせずにほったらかしにできて安心です。

いいことばかりではありません。
今まで使っていたビデオデッキは、空いている2チャンネルで見ることができました。
新しいデッキはちゃんと外部入力に切り替えないと見られません。
アンテナは繋がっているのに、ちゃんと外部入力用にビデオコードをつながなければ見れないのです。
ずっとつなぎっぱなしだったPS2を外さなければなりませんでした。
もっとも最近はゲームする時間もないので、問題はないのですが、チャンネルの切り替えが面倒です。

それ以外は概ね満足してます。
次の番組改編で始まるドラマは撮りためてみようかと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/02

映画「ラフ」

映画「ラフ」を観に行ってきました。

あだち充氏のマンガは「タッチ」はアニメ化されて、よく見ていました。
他には「陽当たり良好!」「みゆき」「H2」などはアニメ化されて名前は知っています。
原作はぜんぜん読んだことがありません。

昨年公開された映画「タッチ」では長澤まさみが主演。
原作では朝倉南が新体操部ということで、ちょっと期待したんですが、まったく無し。

今年は高校水泳部を舞台にした「ラフ」が映画化です。
長澤まさみさん演じる二ノ宮亜美は高飛び込みの選手ということで期待していましたが、たくさん見られました。

原作を知らない分、原作とのギャップを意識せずに見られたのでよかったかもしれません。
3年間の話を圧縮してます。
様々なエピソードをそぎ落として、本筋だけに絞ったのでしょう。
へんに寄り道がなくてよかったと思います。

同部屋の彼の話はぐっと来ました。
私も結構蓋をしているところはあるので・・・。

原作が好きな人には不満を持たれる方もいるかもしれませんが、いい映画だと思います。
マンガ喫茶に行って、原作を読んでみたいと思います。

映画「ラフ」 Official Site

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/01

31日分更新ならず

8月、27日分記事を書きました。
残り4日分、書こうと思えば書けるのですが、9月のカレンダーを埋めたほうがいいかなと思ったりして・・・。

今月はそこそこ書いていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »