« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/30

後藤真希 シークレットライブ at STUDIO COAST

会社にお休みをもらって、シークレットライブに行ってきました。

会場は新木場にあるSTUDIO COASTです。
事前に調べていきました。

会場はオールスタンディングでキャパが2402人とか。
私の番号は2200台です。
キャパ一杯当たりカードを出しているとすると、かなり後ろのほうです。
初回10万枚でも50枚に一枚くらいですから、当たっただけいいんですけど。

開場30分前に会場へ行きましたが、かなりの人が集まっています。
限定グッズで数量が少なかったトートバッグは売り切れとか。
私が行ったときには陰も形もありませんでしたが。
とりあえずストラップは入手。

開場時間18時になって、番号順に入場開始しました。
最初のほうは番号の間隔が短かったのですが、終わりのほうは20番ずつとか呼ばれたり。

私が入るころには会場は満杯です。
移動できる範囲で真ん中のほうへ。
左右は若干右、後ろから三番目くらいのポジションです。

15分くらい遅れて開演です。
前の人たちが一斉にステージに押しかけました。
後ろにいてもまったくステージが見えません。
しかたなく私も負けじと突入。
ステージの中央部が前にせり出しているので、このせり出し前だと前から5列くらい。
本当のステージはもっと先なんですけど。
芋洗い状態です。
最初のうちは面白がっていました。
しかし皆、汗をかいてきて、接触すると・・・。

せり出し部分に来たときだけ、ちょっと顔が見られる程度。
ステージにいるときはほとんど見れません。
仕方なく、医者に止められているジャンプを試みてしまいました。

ほとんど見られず、不完全燃焼で終わってしまいました。
スタンディングはできたら止めてもらいたいです。
秋のツアーの発表があったので、それまでに膝を治して、鍛えて、完全燃焼したいと思います。
休みを取るれるのか微妙なところですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/06/29

三国志大戦2 参之巻

今回も映画の前にプレイして来ました。

今回は昇格戦です。
5戦のうち一回でも勝てば二州に上がります。

使ったデッキはノイ暴虐です。

1戦目。vs隙無き???デッキ。
R田豊、UC劉備、UC張コウ、R顔良がいました。残り1.5はなんだったでしょう。
雛が舞っても隙無き攻勢の必要士気は5なので、何度も使われて負けました。

2戦目。vs車輪?デッキ。
LE関羽とLE諸葛亮がいました。
一州の人で無いですよね。
上級者のサブデッキ育て始めでしょうか。
それにしてはそんな勝率も高くなく・・・。
蜀単なので、雛が舞っても八卦の陣法を使われて負け。

3戦目。vs車輪?デッキ。
またもや車輪です。
ちょっとげんなりしましたが、戦ってみると珍しく押しています。
早々に姜維の挑発を使われましたが、増援の法を使って押します。
さらに暴虐を使って押し切ろうとしました。
しかし兵力が減っており、落城までには至らず。
相手は再起の法を使ってきました。
いつもならこのまま落城勝ちを目指すのですが、大事を取って迅速な転進で逃げました。
その後、こちらが全員場内にいるのに挑発を使ってきたり、復活したらすぐに出てきて各個撃破されたりと、かなり初心者の様子。
かなり弱腰ですがそのまま守りきって勝利。

4戦目。vs呉バラ?デッキ。
開幕は負けました。
こちらの雛で周瑜を踏めたのですが、他が駄目でした。
そのまま押されます。
じたばたあがいているうちに落城負けしました。

引いたカードは、
カン沢
郭皇后
R董卓
UC李通
でした。

R董卓とUC李通はうれしかったです。

あまり勝てないので、デッキの変更を考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「デスノート」

今日は映画「デスノート」を観に行って来ました。

平日の夕方にもかかわらず、かなりの人数がいました。
今日は前の回の終了時間ぎりぎりになってしまったからかもしれませんが、私の前には50人くらい並んでいました。
人気コミック原作の映画で、公開間もないということもあるでしょうが。

内容は大筋は原作に沿っています。
変更になっている設定も多々ありますが、悪くはないと思います。
リュークの動きはちょっとオーバーだったかもしれません。

原作並みに見ている者を裏切ってくれたなぁと思います。

早く後編が見たいです。
原作のどこを生かし、どこを変更してくるか楽しみです。

デスノート公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/28

書籍「働く気持ちに火をつける-ミッション、パッション、ハイテンション!-」

働く気持ちに火をつける―ミッション、パッション、ハイテンション!を読みました。

4月に異動があり、さらに会社が移転、職場環境はかなり悪くなりました。
給与体系も変わり給料が低下、残業時間は微妙にカットされたり、いろいろ小さな悪いことが重なって、かなりやる気を失っていました。

そんなときにこの本を読みました。
普通の自己啓発本だと、胡散臭さが付きまとったり、実行することが困難なことが書かれていたりすることが多いような気がします。
しかしこの本は、共感できることが多く、読み終えたらやる気が湧いてきていました。

せっかくやる気が湧いたのですが、上司の一言で一気にやる気が失われました。
それをバネにまたやる気に点火すればいいのですが、人のやる気を奪う言動しかしないことがわかってしまって・・・。
繰り返しはむなしいので、しばらくローテンションでいきます。


働く気持ちに火をつける―ミッション、パッション、ハイテンション!
働く気持ちに火をつける―ミッション、パッション、ハイテンション!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/23

三国志大戦2 弐之巻

映画まで時間があったので、三国志大戦2をしにゲーセンへ行ってみました。
平日ですし、新宿歌舞伎町の奥のゲーセンなのですいていました。

使ったデッキはノイ暴虐です。
R雛の他、UC張コウも入手し、組むことが出来ました。

まだ脳が三国志大戦用に切り替わっていないのか、大戦内容はあいまいです。

一戦目は全突でした。
開幕終了はできませんでしたが、槍でどんどん迎撃し、R雛の舞いで全軍突撃を封じて勝ちました。

二戦目の敵は思い出せません。
そんな状況なんで、的確に対応も出来ず、いいようにやられて落城負け。
悔しいです。

仕切りなおしの三戦目は車輪号令デッキでした。
開幕はうまく決まって二発くらい攻城ができました。
そして堕落の舞いで有利になるはずでしたが、こちらの騎馬が迎撃されまくりで撤退。
雛も倒され、車輪の大号令。
こちらは暴虐なる覇道で迎え撃ち、撤退させますが、城ゲージが逆転。
その後は守られて負け。

槍激のタイミングを覚えていかなければなりませんが、槍激手前で騎馬を止める練習もしなければならないと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/22

映画:ダ・ヴィンチ・コード

映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観に行ってきました。

公開から一ヶ月、しかも平日の夕方なので、入っているほうでしょうか。

上映時間は2時間34分と普通の映画より永くなっています。
それでも内容はだいぶはしょっていました。
エピソードを削ったことにより、テンポはかなり良くなりましたが、キャラクターが薄くなった感じがします。

人間の思考って、言語で行っていると思っていましたが、映画では映像で行っていました。
あの表現方法は感心しました。
ただ左脳人間ではなく、右脳人間がビジュアルで考えるイメージを表現しているように受け取れました。

原作と違うところは多々ありましたが、原作にあった違和感を修正していていいと思います。
原作を読んだ人なら問題ないと思いますが、映画だけを観る人は物語の情報量が減った分、理解しにくくなっているとも思います。


映画「ダ・ヴィンチ・コード」公式ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/21

書籍:ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コードを読みました。

ミーハーなのに、あまりに流行しすぎたものは受け入れない私ですが、ついに読んでしまいました。
ダ・ヴィンチ・コードは映画が公開されるということで、映画を観る前に読みたかったのです。

文庫は上中下三分冊でも、それぞれ300ページ弱で合計900ページ。
二分冊でもよかった気がしますが、軽いので持ち運びに便利でした。
900ページでも短時間に読んでしまいました。

謎解きがメインの話なので、伏線が全部バレバレというか、わかりやすかったと思います。
適度に頭を使って、答えがすぐわかり、それがアンフェアでないので、皆に受け入れられたのだと思います。

テンポのいいストーリー展開ですが、世界を震撼しうる謎が、あんな短期間で解かれていいのかとも思ったり。
キリスト教のことや、フランスのことをあまり知らないので、完全に楽しめていないのはもったいないような気もしますが、仕方ありません。

アクションシーンもあまりないので、映画を観に行かなくてもいいなと思ってしまいました。
映画が作られれる際に新たに資料が追加されたそうなので、ちょっと違った部分があるとか。
あるいは観てみなければ、いいか悪いか判断できませんから、観に行くことにしました。

ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダ・ヴィンチ・コード(中)
ダ・ヴィンチ・コード(中)
ダ・ヴィンチ・コード(下)
ダ・ヴィンチ・コード(下)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/19

W杯のせい?

18日、日曜日はなんとか仕事を早めに切り上げ、ぎりぎり日本対クロアチア戦のキックオフまでに帰宅することができました。

いつもこれくらいの帰宅時間ならば東京タワーの綺麗なライトアップが見られるのですが、このときは消えていて違和感がありました。
ワールドカップがあるから誰も東京タワーを見ないので、もったいないから電気代を節約しようとしたのでしょうか。

東京タワーの公式ページを見てみたら、ちゃんと理由が書かれていました。
「ブラックイルミネーション2006」イベントの一環で20時から22時まで、ライトアップを消したそうです。

今年で4回目でしょうか。
今回は残念ながら、ワールドカップの陰に隠れてしまったように思います。

東京タワー公式ページ
100万人のキャンドルナイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/17

三国志大戦2 壱之巻

結局、隙無き天啓を試す前に勤務先が秋葉原で無くなってしまいました。
チャンスはあったのですが、環境が変わってプレイしに行く気力も無く。

そのうちに三国志大戦2も稼動し始めました。
他のゲームをプレイしているので、情報もほとんど入手していませんでした。
戦器を持ってないと不利になりますから、新たにカードを手に入れた上に、ゲームをし続けてアイテムを集めないといけないというのも面倒です。

しかし仕事もだいぶ落ち着き、デッキもある程度固まってきたということで、ちょっと興味が湧いてきました。
自分の持っているカードで組めるデッキを知ったことが大きいです。

平日、映画を見たあと、好いていたので群雄伝をプレイしてみました。
使ったデッキは、SR董卓、旧R趙雲、R姜維、大車輪関羽です。
開幕から押していって増援、さらに士気が貯まったら暴虐なる覇道で押し切るという開幕終了型デッキです。
大車輪関羽は同僚からもらいましたが、その前にはUC張飛を使ってました。

群雄伝は余裕で勝てました。

そして本日は三国志大戦2をやるために新宿へ。
土曜日昼直前はこんでいました。
6人待ちで1時間近く待ったような。
その間、頂上決戦などを見ていましたが、大逆転や必殺の計略は無くなってしまったのでしょうか。

やっと順番が回ってきました。
今日は全国大戦をすることに。
群雄伝はコンシューマーゲーム向けの仕組みだと思うのです。
練習にならないので、もうやらないと思います。

対戦相手は槍が多かった印象。
あまり覚えていません。
開幕はぎりぎり勝ちましたが、相手は再起の法を使ってきて攻城までには至らず。
逆に全滅してしまい、9割がた攻城されてしまいます。
体制が整って出撃するも、迎撃されて落城負け。

ブランクがありますから、仕方ないかもしれませんが、かなり落ち込みました。
槍撃は練習しないと駄目ですね。
カードがさばきもいまいちですし。
まだ全力を出し切って負けたわけでないと思うので、まだ続けると思います。

デッキはノイ暴虐デッキに変えようかと思案中です。
R雛は持っていないので、また同僚に頼ってみます。
とりあえずUC雛で組んで、練習してみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書籍:無料がうれしいスポット探訪 首都圏版

無料がうれしいスポット探訪 首都圏版を読みました。

今年はいろいろ外に出ようと意気込みなのですが、お金がかからなければもっとたくさん出かけられるだろうということで読んでみました。

1999年10月に出版された本なので、すでに無くなってしまったスポットもありました。
出かける前には確認してみないといけないかもしれません。

この前、久しぶりに都庁に登ったのですが、展望室はとても変わっていました。
博品館のお土産店が大規模に展開していました。
片方、23時まで開放されているというのは知りませんでしたし。

新しい観光スポットが続々誕生していますが、混雑がすごいですね。
既存の観光スポットは落ち着いてきていると思うので、回ってみたいと思います。

無料がうれしいスポット探訪 首都圏版
無料がうれしいスポット探訪 首都圏版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/15

映画:トランスポーター2

久しぶりに映画を観に行ってきました。

他にも観たかった映画はいろいろあったのですが、膝の怪我が思わしくなかったり、仕事が忙しくて休日出かけるのがしんどかったりということで、観に行く気力が湧きませんでした。
しかし膝の怪我もだいぶ回復し、長時間の着席にも耐えられると思いましたし、仕事もだいぶ慣れてきたので、観に行くことにしました。。
このブログのエントリを見てみたところ、前回、映画を見たのは2月1日のようです。
実に4ヶ月ぶりの映画鑑賞になります。
趣味が映画鑑賞って、履歴書に書けませんね。

今日、観に行ったのは「トランスポーター2」です。
テレビCMはなかなか面白く作られていると思います。
本当にそんなに飛ぶのか確認したくなりました。

実際に観てみると、CM以上に飛びます。
ちょっと嘘っぽいのですが。

前作の警部も登場して面白かったです。

主人公は強すぎて、運び屋じゃなくて、別の仕事をやった方がいいのではと思ってしまったり。

観ようと思っていたダヴィンチ・コードとどっちがよかったでしょうね。

トランスポーター2公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書籍「寝ずの番」

寝ずの番を読みました。

だいぶ昔に買ったんですが、たまたま映画化された時期と重なって読むことになりました。

9つの短編が収録されています。
どれも下ネタというか艶っぽい話ばかりです。

映画化された寝ずの番はもとより、他の短編も面白かったです。
下ネタが大丈夫な方はぜひ。


寝ずの番
寝ずの番

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/14

書籍「成功者しか知らない ネットショップ運営 儲かる秘訣が2時間でわかる本」

成功者しか知らない ネットショップ運営 儲かる秘訣が2時間でわかる本を読みました。

ほとんどは他の本と同じことが書かれています。
しかし2時間でわかる本と書かれているように、短時間で読めるので、時間がない人にはいいでしょう。

さらに特筆すべきは、ありきたりの商品を扱っているネットショップが取るべき方法が書かれていたことです。
それは「仕入れなどに注力して、安くする努力をする」ということでした。
はっきり書かれて納得しました。
うちの店は価格に対しては偏っていましたから。
もっとも特殊な仕入れをしているお店には敵わないんですよね。

成功者しか知らない ネットショップ運営 儲かる秘訣が2時間でわかる本
成功者しか知らない ネットショップ運営 儲かる秘訣が2時間でわかる本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/10

レンジャーズストライク オーガ池袋大会

オーガ池袋店で開催されたレンジャーズストライクの大会に参加してきました。

参加者は8名でした。
スイスドロー3回戦です。

1回戦。vs黒緑。
常駐オペレーションにヒドラー兵の卵を使ったデッキでした。
相手の意図がわかりません。
相手のコンボ?が発動する前に勝利。

2回戦。vs青黄緑。
初期手札に疾風流が二枚あって苦労しましたが、なんとか相手に4点ストライクを決めました。
しかしこちらの場は掃除され、相手のデカピンクとデカグリーンのコンボで引きずり出されたあと、ハリケンレオンに踏まれてにっちもさっちもいかなくなり負けました。

3回戦。vs黄緑青。
序盤はうまく展開しましたが、気力を貼られ、レッドレーサーをゴーゴードーザーと相打ちさせたのが失敗でしょうか。
その後はまったく相手のユニットを除去できず、こちらは体制が整わずで負けまいした。

1勝2敗で6位に終わりました。

いまだに気力優勢なのでしょうか。
レッドレーサーはかなり邪魔でした。
デッキを組みなおしてみようかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/09

レンジャーズストライク フューチャービー秋葉原大会

6月8日にフューチャービー秋葉原で開催された、レンジャーズストライクの大会に出場してきました。

他の用事があり、早めに秋葉原に行って会場に行ってみたのですが、ぜんぜん人がいませんでした。
開催されるのか心配してしまったくらいです。
1時間前に行ってもいません。

とりあえず食事を済ませて戻ってみると、大勢の人が。
他に二つのカードゲームで大会があるらしいのですが、全員レンジャーズストライクの出場者でした。
平日夜にもかかわらず20名の参加となりました。

1回戦。vs黄青黒。
相手のレッドレーサーがかなり邪魔だったので、マジピンクにガオソウルを使って戦わせました。
気力があるのを忘れており、一枚リリース状態のコマンドがあったので、相打ちで終わってしまい、お互いのユニットがいなくなったり。
こちらは疾風流超忍法が手札に三枚とか、二枚に抑えたガオソウルと二枚とも引くとか、勇気の魔法も二枚来てしまったりとかなり偏ったドローでした。
相手はそこそこの回り具合で負けました。

2回戦。vs緑黄。
今日からレンジャーズストライクを始められたという方。
大会前に友人と練習されていました。
しかし油断大敵、プロモ版バルイーグルが入っていたり。
こちらは、言いたくはないのですが、うまく回らず。
いつの間にかダメージが6点になっていました。
なんとかボウケンレッドなどを引き、相手のストライクできるユニットを除去し、2ターン粘りましたが、相手にユニットが揃ってストライクされて負け。

3回戦。vs緑単。
相手はなかなか動きません。
こちらはアバレブルーでストライクをします。
相手はすぐにアバレブルーを除去しませんでした。
こちらもあえてストライクせずにアバレブルーを1番目に、マジブルーを二番目に出したりしていましたが、相手はついにパワー5に。
動き出しました。
アーステクノロジーのMユニットラッシュ時の、Sユニットをコマンドへ送る効果から、常駐オペレーションのアドベンチャーを使って、次のMユニットの種を用意したり。
非常にテクニカルな動きです。
順調にストライクしていたものの4点でストップ。
相手はいろいろ動かして、サンバルカンロボを出してきました。
除去するにはボウケンレッドのナンバーコンビネーションを発動するか、マジレッドのナンバーコンビネーションを発動した上に、ガオソウルを使わなければなりません。
厳しいです。
相手の場にはゴーゴードーザー3体、ボウケンブルーなどが居ますが、攻めて来ません。
こちらはユニットを揃えて一気に3点ストライクを決めるしかありません。
相手が2体目のサンバルカンロボを召還したターン、やっとユニットを引き、マンモスレンジャー→アバレブルー→マジグリーン→ティラノレンジャーと3点ストライクして勝利。
ファイブテクターを入れていたそうで、引かれていたら負けていたでしょう。

4回戦。vs青黒黄。
相手はクルマジックを連続して出してきて、速い展開。
こちらはマンモスレンジャーとマジブルーでドローを稼ぎます。
相手はデカレッドとレッドレーサーをラッシュしているにもかかわらず、何故か攻めて来ません。
パワーも1しかありませんので、カウンターの警戒とは思えません。
勇気の魔法を気力と勘違いしているのかと思いましたが、あとで倒しに来たので違うようです。
守護獣プテラがうまく働き、相手のサラマンデスを疾風流超忍術でカウンターしたり。
その後、相手はユニットを引かなかったようで、こちらが適宜ストライクを決めて勝利。

また2勝2負で5割でした。
事故らないように軽く、ストライク可能なユニットも多く入れたのですが、あんなに偏るとは・・・。
今の状態で、次の大会に出てもいいものかと考えてしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/08

ガラスのパンプス

ガラスのパンプスをやっと購入しました。

現在、膝の怪我で接骨院へ通院しているのですが、6月6日に会社を定時に上がって通院したところ、あるラジオ番組に後藤真希がゲスト出演していました。
7日に発売の新曲のプロモーションのためですね。
てっきり忘れていました。

そこで翌日、昼からの出勤だったので、新宿のビックカメラに寄ってみましたが、売っていませんでした。
昼休みに15分かけて歩いて、駅前のツタヤに行ってみたのですが、売り切れていました。
今回は初回得点として封入されているフォトカードに「あたり」が出たら、シークレットライブにご招待とか。
そういえば昨日のラジオで言っていました。
皆、シークレットライブに参加したいから、一枚購入→すぐに開封→はずれ→もう一枚購入、なんてことを繰り返すのでしょうか。
開催日は6月30日(金)らしいです。
私はその日は仕事なので、当たらなくてもいいかなぁと思ったり。
きっと複数枚購入された人が、ヤフオクに出品してるだろうからそれを落札しようかと思ったり。

翌8日、所用で秋葉原に行くことに。
いろいろ買い物をしましたが、「ガラスのパンプス」を諦めずに探しました。
最近、初回版を買い逃している私にしては粘っています。
すると3店目でかなり店内をうろつきましたが、発見しました。
残りは2枚。
まあ、当たらないよなあと思って適当に掴んでレジに行きました。

所用もすんで帰宅。
片付けながらCDを開けてみました。
すると、なんかカードと紙が。
全員に入っているフォトカードと思いきや、「あたり!!」の文字が!!
2000番を超えてますから、いったい何人の人が当たるのやら。

ヤフオクを見るとあたり券も何件か出品されてました。
地方の人は無理ですからね。

定時に上がればぎりぎり開演時間に間に合いますが、無理でしょう。
なんとか作戦を考えなければ・・・。

曲には触れませんでしたが、あまり好きなタイプの曲ではないので微妙です。

ガラスのパンプス
ガラスのパンプス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/03

書籍:ネットショップ運営の悩み解決!マニュアル―売上アップ&運営効率化に効くコツとヒケツ

ネットショップ運営の悩み解決!マニュアル―売上アップ&運営効率化に効くコツとヒケツを読みました。

ネットショップ担当になったということで、本書を読みました。
はっきり言って、今のネットショップは売り上げがあまりよくありません。
少しでも参考になればと思って読んだのですが・・・。

個人商店の方が、ネットショップを運営するにはとても役に立つ本だと思います。
具体的な例が載っており、とてもわかりやすかったです。
普通に売られている大量生産品をネットで売るには役に立ちませんでした。


ネットショップ運営の悩み解決!マニュアル―売上アップ&運営効率化に効くコツとヒケツ
ネットショップ運営の悩み解決!マニュアル―売上アップ&運営効率化に効くコツとヒケツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »