« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/29

書籍:ドラゴンクエスト 少年ヤンガスと不思議のダンジョン 仲間といどむ冒険の書

ドラゴンクエスト 少年ヤンガスと不思議のダンジョン 仲間といどむ冒険の書を読みました。

最近はまっているゲーム、少年ヤンガスと不思議なダンジョンの攻略本です。

久々にゲームを買ったので、「攻略本無しでクリアしてやる!」と意気込んだのですが、モンスターの配合で限界を感じました。
連れて歩くモンスターを強化していくことを前提として難易度が設定されているので、適当に配合しても先に進めなくなってしまいます。

あと秘伝の上級テクニックというところにも引かれたのですが、こちらはそんなすごいテクニックではありませんでした。

この本に載っている情報はまだまだ一部なので、参考にしかなりません。
ベホイミスライムがインパスを覚えるのは何LVでというのは、実はインターネットで調べてしまいました。
なかなかそのレベルに到達しないので、しあわせのたねを投げ与えて、無理やりレベルアップさせたり。
なんとか気に入った配合もでいたので、やっと先に進めそうです。


ドラゴンクエスト 少年ヤンガスと不思議のダンジョン 仲間といどむ冒険の書
ドラゴンクエスト 少年ヤンガスと不思議のダンジョン 仲間といどむ冒険の書

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

明治製菓 ぷぷるん

明治製菓のぷぷるんを食べました。

あのCMに出ている女性、すごく綺麗だと思います。
ぷぷるんが「食べられたーい」と思うのもわかります。
彼女は相沢沙世さんって方らしいです。

私が食べられるわけもないので、代わりにぷぷるんを食べてみることにしました。
ちょっと食感の違うグミって感じです。
レモン味を食べたので、次はマスカット味を食べてみようかと思います。


明治製菓 ぷぷるんのページ

相沢沙世さんのブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/27

レンジャーズストライク公認大会

最近、ただでさえプライベートな時間が減っているのですが、その短い時間を費やしているものが二つあります。

一つはPS2用ソフトの少年ヤンガスの不思議なダンジョンです。
購入してからダンジョンに潜ったのは100回を超えました。

もう一つはぜんぜん記事にしてきませんでしたが、レンジャーズストライクというカードゲームです。
スーパー戦隊をテーマにした、トレーディングカードゲームです。
特撮好きの友人に、こんなものが出てるよと1パックもらったのが運の尽き。
見事にはまってしまいました。

きっかけを作ってくれた友人にお願いして、対戦してもらいました。

シングルカードも購入し、デッキ構築もだいぶ煮詰まってきました。

第二弾が出る前に大会に出ようかと思いましたが、自信が湧かず。
しかりせっかく準備してきたので、出場したいと思ってました。
友人からカードも借りたので、第二弾が発売になった直後の大会に出場する決意をしました。

どんなデッキを使うか、非常に悩みました。
気力なのかファイブテクターなのか、サイバースライダーなのかクルマジックパワーなのか。
Lサイズのユニットは使わず、Sサイズ中心で行くというのは決まりましたが、二色なのか三色なのか、色は赤黄緑、赤黄青、黄青緑か。
いっそのことノーマルオンリーとか、いやいや借りたのだからSRを入れなくてはとか。
結局、使い慣れた黄緑のサイバースライダー入り気力デッキになりました。

当日はあいにくの雨にもかかわらず、13名のエントリー。

1回戦は赤黄緑デッキ。
第二弾のティラノレンジャーがラッシュされました。
BP3000で除去しづらいですし、すぐにBP5000を超えるので、やられました。

2回戦も赤黄緑デッキ。
気力を常駐されました。
良く見ておらず、相打ちにしてしまったり。
こちらもティラノレンジャーが出て、殴られました。

3回戦は緑黄?。
二連敗だと不戦勝になる可能性が1/3に。
運良く対戦できました。
さすがに疲れてきて、戦いをあまり覚えていません。
相手はコマンドよりパワーを重視。
ゴーレッドがラッシュされました。皆、第二弾入れてますね。
こちらは初手にサイバースライダーがあり、順調に展開。
マジグリーンとマジピンクのNCで相手を妨害し、その間に7点ストライクを決めました。

4回戦は青黄?。
休憩時間に雑談させていただいた方と対戦することに。
相手はパワーにパトストライカーを置いてきました。
パワーが貯まったらたいへんなことになると思い、相手が回らないうちにピンクストームのコンボを使って、3点ストライクを決めて勝利。

なんとか勝率五割になりました。
上位には黒を主体とされた方もいらっしゃったようです。

友人と戦っていたルールは間違っていなかったという点で、ほっとしました。

昔やっていたカードゲームは、新しいセットが発売になってから使用できるまでけっこう長い間、使用禁止期間が設けられていたと思うのですが、そこらへんの公式な制限はないようです。

家に帰るとamazonに注文していた2箱が届いていました。
ティラノレンジャーは以前購入したものとあわせて4枚になったので、デッキに取り入れてみようかと思います。


レンジャーズストライク 第2弾 二人の黒騎士 ブースターパック BOX
レンジャーズストライク 第2弾 二人の黒騎士 ブースターパック BOX

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/26

チロルチョコ いちご大福

「チロルチョコ いちご大福がローソンで数量限定で発売」というニュースを見つけ、さっそく発売日に買いに行って見ました。

3つ購入したんですが、色違いがあります。
いきなり品質が異なる商品が出回っているのかと思ってしまいました。
ニュースリリースの画像に、二種類出ていました。
なぜだかはわからず仕舞いですが。

食べてみると、軽い食感のいちごチョコレートにグミが入っていて、なかなかおいしかったです。
食べていて、本物のいちご大福も食べたいなぁと思ってしまいました。

「チロルチョコ いちご大福」ローソンのニュースリリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/25

書籍:川本裕子の時間管理革命

川本裕子の時間管理革命を読みました。

昨年後半から、スケジュール管理について考えていて、その流れで読みました。

仕事も子育ても頑張っている方のスケジューリングについての話です。

中でも「減算でスケジュールを考える」というくだりはなるほどと思いました。
うちの上司も見習ってもらいたいところです。
週休一日なのに残業が100時間ってどうなんでしょう。
ナニカオカシクナイデスカ?
最近、帰宅時間が遅いのですが、電車はとてもこんでます。
格差社会が拡大し、下流の人たちは長時間残業なんて当たり前の社会になってしまったのでしょうか。

難しいのはバッファ時間を設けるというところでしょうか。
何かしら予定が入っていないと、仕事をしていないと思われる企業風土ですので、バッファ時間なんてとてもとても。
最近は人件費削減ということで、残業もするなというお達しが。
ノー残業デーなんて作られましたが、皆が仕事をしている中、抜け出すのも精神衛生上良くないです。

生活残業なしでも十分暮らしていけるほど儲かっていれば、まったく何も問題ないんですけどね。

川本裕子の時間管理革命
川本裕子の時間管理革命

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

書籍:プロが教える「アフィリエイト集客」実践ガイド

プロが教える「アフィリエイト集客」実践ガイドを読みました。

ネットショップに異動になりました。
ネットショップ関係の本を読もうとして、読んだのがこの本です。

ネットショップがアフィリエイトを導入する際に押さえておくべき基本的なところから、注意すべき点、軌道に乗ってからのメンテナンスに関してなど、必要十分な内容になってます。
独自の商品を扱っているネットショップがアフィリエイトを導入するにはとても参考になると思います。

うちの会社は一般的な家電などを売っているだけですから、あまり役に立ちませんでした。


プロが教える「アフィリエイト集客」実践ガイド
プロが教える「アフィリエイト集客」実践ガイド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

書籍「ガンダムヒロインズ―ヒロインのガンダム20年史」

ガンダムヒロインズ―ヒロインのガンダム20年史を読みました。

「機動戦士ガンダム生誕20周年記念!歴代ヒロイン228人で綴るガンダムシリーズ20年史。」という内容です。
1998年に発売になった本なので、ターンAガンダムとガンダムSEEDのヒロインは出ていませんが、それでも228人もいるとは。
いや、ヒロインって主人公に対する女性だとすると多すぎます。
登場する女性キャラクターそれぞれにドラマがあり、その話の中ではヒロインであるとは思いますが。

個人的に宇宙世紀でない作品はSEED以外見ていないので、ウエハースのおまけのカードのキャラクターはこういうキャラだったのかとわかってよかったです。

ガンダムヒロインズ―ヒロインのガンダム20年史
ガンダムヒロインズ―ヒロインのガンダム20年史

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/20

書籍「四季を彩る関東お祭りガイド」

四季を彩る関東お祭りガイドを読みました。

今まで外出してきませんでした。
今年度は活発に行こうと思い、情報収集のために借りてみました。

もう神田祭とか終わってしまいました。
そして浅草三社祭も・・・と思ったらちょうど開催中じゃないですか。

せっかく情報を得ても、新しい部署、新しい社屋で忙しかったり、ケガをして通院したり。
まだまだ困難が続きそうで、しばらく出かけられそうにありません。

ひどい状況から脱出する気力を保つために、これからも情報を得ていこうと思います。

四季を彩る関東お祭りガイド
四季を彩る関東お祭りガイド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/19

書籍「僕たちの好きなガンダム 全登場キャラクター徹底解析編 完全保存版」

僕たちの好きなガンダム 全登場キャラクター徹底解析編 完全保存版を読みました。

最近は再放送も見てないので、本書を読んでみてこんなキャラクターもいたなーと思い出したりできました。

ガンダムのアーケードゲームをやっているわけですが、キャラクター名が書かれているくらいで、そのキャラクターがどんな性格でどんなことをしたのか、わからないことが多かったのですが、この本を読んでだいぶ補完ができました。

今度、DVDが出るらしいので、本書はDVDを見てから読んだほうがいいかもしれません。

僕たちの好きなガンダム 全登場キャラクター徹底解析編 完全保存版
僕たちの好きなガンダム 全登場キャラクター徹底解析編 完全保存版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/14

書籍『コンビニ「店舗経営と商品開発」の鉄則』

コンビニ「店舗経営と商品開発」の鉄則を読みました。

この本は、買ったのでもなく、借りたのでもなく、会社で回覧されたので読みました。
文章は平易で、文字も大きく、ページ数も少ないので、2時間はかからずに読めると思います。

内容は、かつての勢いを失ったように見えるコンビに業界が復活するには、いままでやってきた基本的なことを振り返って、着実にこなしていかなければならないということだと思います。

しかし私の勤めている会社は確かに小売業ですけど、家電販売なんですね。
業態が違うのではないかと・・・。

中には共感するところもありました。
それはコンビニのオーナーのモチベーションを高めるにはしっかり休みを取れることです。
私の新しい職場、ぜんぜん駄目です。
この前のミーティングで上司はこの本について触れてましたが、自分は思うように休み取れてないし、残業も多すぎるって愚痴をいうだけで、ぜんぜん効果がありません。
マネジメントってわかっているのでしょうか。

とりあえずコンビニのSVさんたちは必読ではないかと思います。


コンビニ「店舗経営と商品開発」の鉄則
コンビニ「店舗経営と商品開発」の鉄則

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

書籍「最強!侍伝説―侍を遊び尽くす」

最強!侍伝説―侍を遊び尽くすを読みました。

たまたま、返却図書として置かれていて、目に付いたので借りました。

侍に関しては、歴史にうといのであまり詳しくは知りません。
マンガで「るろうに剣心」を読んだくらいです。
あとは有名な侍の名前を少し知っているくらいでしょうか。

この本では最強と呼ばれる侍たちを紹介しています。
他には最近のゲームやマンガについても触れられたいたり。

後半、ちょっと表現がグロテスクなところがあったので、読み飛ばしてしまいました。

とりあえず紹介されていた小説でも読んでみたいなと思うようになりました。

最強!侍伝説―侍を遊び尽くす
最強!侍伝説―侍を遊び尽くす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/12

書籍「起業・企画・営業・雑談のネタは日常の諦めている不便利から」

起業・企画・営業・雑談のネタは日常の諦めている不便利からを読みました。

amazonの紹介文には「海外のビジネスアイデアを紹介するサイト『百式』の人気コーナー、『起業の ネタは諦めている不便利から』に寄せられた投稿から150のアイデアを一挙 掲載。」と書かれているのですが、アイディアというより本当に不満、不便利を集めただけです。
それに関して、わずかな感想を書いただけ。

たしかに150も不便利を集めることはたいへんですが、もっと寄せられた投稿から、一つの企画に仕上げるまで書かれていたら素晴らしいのにと思います。
ネタ集めに困っている人は、この著者のサイトを見に行けばいいでしょうし。

起業・企画・営業・雑談のネタは日常の諦めている不便利から
起業・企画・営業・雑談のネタは日常の諦めている不便利から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ろうと思っていたのに、

20時から予告なくミーティングって普通?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/11

書籍「三国志大戦 乱世の群狼 竜驤虎視の書」

三国志大戦 乱世の群狼 竜驤虎視の書を読みました。

職場が秋葉原から移転するまで、三国志大戦をプレイしようと思っていました。
再起の法がレベル6になったので、そろそろ全国大戦をしようかなと思うように。
それならば評判のいい攻略本も読んでレベルアップを図ろうということで読みました。

公式には明らかにされていないような数字や数式を用いて攻略記事が書かれています。
テクニックについても書かれていて、参考になりました。

しかしせっかく読んだのですが、全国大戦をするまえに移転になってしまいました。
私の部署は全体の移転日より前だったのでした。

そして5月下旬から三国志大戦2の稼動も開始とか。
役に立つ本なのに、役立てることができませんでした。

amazonではプレミアが付いて売られているようです。
いっそヤフオクで・・・。


三国志大戦 乱世の群狼 竜驤虎視の書
三国志大戦 乱世の群狼 竜驤虎視の書

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/10

交通博物館

2006年5月14日を最後に閉館になってしまうということで、連日賑わっている交通博物館に行ってきました。

行こう行こうと思っていたのですが、なかなか機会がありませんでした。
いざ行こうと思ったらゴールデンウィークに突入。
明けて少しはすいているだろうと思って、平日を選んで行きましたが甘かったです。

交通博物館旧万世橋駅遺構特別公開は二日前の電話予約制に変わっていました。
予約はしておらず、参加できません。
楽しみにしていたのに残念です。

20年ぶりでしょうか。
記憶を手繰ろうにも、最近の疲労とこの混雑では駄目でした。
きっと鉄道模型のプログラムを見れば思い出したでしょうが、ちょうど最中で、二重三重に人垣ができていてまったく見られません。

諦めて適当に一回り。
昔と比べてシミュレーターが増えているような。
ドアの開閉体験装置は安全のために、ドアがカバーされていたり。

あまりに込んでいるので、外の展示にはいかなかったり。

グッズ売り場はまったく思い出がありません。
今回は最後の記念ということで、L特急のストラップを購入しました。

この記事を書いている間に、だんだん思い出してきました。
よく弟とともに、両親に連れて行ってもらいました。

思い出の場所がなくなるのは悲しいですが、新たに鉄道博物館が作られるとのこと。
いつか子供と行けたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書籍「発想名人」

発想名人を読みました。

斉藤孝の著作です。

発想法について書かれてるかと思って読んだのですが、違いました。
彼の発想したことについてのコラムというか短文集です。

本書の題「発想名人」というのは、著者自身のことではなく、発想を豊かにできる人をきちんと評価できるような社会にしていきたいという意思の表明だそうです。

なるほどと思う話、いまいちと感じた話、いろいろあります。
末っ子光線の話は、なるほどと思いました。
いつも弟が得している気がしていたので・・・。


発想名人
発想名人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/09

ハンター×ハンターって

ジャンプに連載している(た?)ハンター×ハンターって、春ごろ連載再開予定っていってませんでしたっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/08

書籍「機動戦士ガンダム 0079 カードビルダーパーフェクトガイド」

機動戦士ガンダム 0079 カードビルダーパーフェクトガイドを読みました。

今、はまっているアーケードゲーム『機動戦士ガンダム 0079 カードビルダー』のガイドブックです。

ゲームに登場するキャラクター、モビルスーツ、武器などの説明がされています。
特に目立った内部情報はありません。
特筆するべきことは、キャラクターとメカニック、メカニックとウェポンの相性がはっきりとされたくらいです。
皆が気になるキャラクター同士の相性はわかりません。

おまけのカード「MS-14C ゲルググ・キャノン(エース部隊仕様)」が欲しい人は買いでしょう。
amazonでは売り切れで、プレミアが付いているようですが・・・。

なんて書くのが遅れている間に、新バージョンのロケテが始まったようです。
新バージョンに対応した書籍では、もっと攻略部分に力を入れてもらいたいと思います。


機動戦士ガンダム 0079 カードビルダーパーフェクトガイド
機動戦士ガンダム 0079 カードビルダーパーフェクトガイド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »