« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

書籍「ウェブログ徹底活用ガイド―無料でできるホームページ大変革」

ウェブログ徹底活用ガイド―無料でできるホームページ大変革を読みました。

無料ブログサービスから、そのカスタマイズ、便利なツール類の解説だけでなく、自分でサーバーを借りてMobable Typeを使うための手順が書かれています。

ツール類の説明のレイアウトがちょっとわかりにくいです。
調べたいソフトが見つけにくくて苦労しました。

最終的にMobable Typeを使いたいと思っている人にはいい本だと思います。


ウェブログ徹底活用ガイド―無料でできるホームページ大変革
ウェブログ徹底活用ガイド―無料でできるホームページ大変革

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/30

三国志大戦 什八之巻

今日は仕事も速く終わり、プレイしてきました。

使ったデッキは水鏡デッキです。

1戦目。蜀単。SR馬超、R劉備、R魏延、R趙雲。
開幕端攻めです。
馬超と孫堅で一騎討ち。
勝てませんでした。
ボタンも反応悪いし、そもそも自分の調子がいまいちです。
張梁の攻城は成功。
しかし馬超にやられてしまいました。
士気が貯まるまでお互い城内待機です。
相手が出てきたので、こちらも迎撃に出撃。
劉備の桃園の誓いが発動。
とりあえず武力が低い劉備をマーク。
火計も劉備一体しか入っていませんが、撃ってしまいました。
劉備撃破!
しかし他の武将は撤退しません。
劉備しか桃園の誓いはかかっていなかったのでした。
その後はなんとかしのぎ、もう一度攻城に一度だけ成功。
あとは三体にだけ天啓の幻をかけて退けたり。
また復活した部隊を入れ替えで守ったり。
途中、二回攻城を許してしまいました。
なんとか次の攻城は防ぎましたが、攻めにいけず時間切れ。
ゲージは同じくらいです。
判定は敗北でした。残念。

2戦目。蜀単。R徐庶、R姜維は覚えています。
また端攻め。
なんとか攻めて張梁が攻城。
回復しようとしましたが、攻城アニメーションが終わったらすぐに撤退してしまいました。
その後はR徐庶に雷落とされたり、姜維に引っ張られたりしながらも、なんとか防ぎきり判定勝ち。

3戦目。呉バラ。R太史慈、R孫尚香、C丁奉、C呂範、あとR孫堅かR孫策。
やっぱり開幕端攻めです。
しかし相手に読まれていました。
相手は反対側の端攻め。ただし呂範だけ私の張梁の前に配置。
さっそく張梁が撤退。その後、
呂範は倒して周倉、呂範、孫堅で攻城。
司馬徽と太史慈で攻城に来た相手を迎撃します。
しかし相手は孫尚香の呉への援軍で回復。
再起の法で部隊を送りますが、ことごとく撤退させられました。
残り70カウントくらいで終わってしまいました。

今日は1勝2敗で切り上げました。
トータルは16勝16敗の五割に。
とりあえず七品をキープしてます。

出てきたカードは
C雷銅
UC程昱
C丁奉
でした。

仕事帰りにやると、精神的にも肉体的にも疲れていて、調子が上がりません。
計略のタイミングとか、一騎討ちのタイミングとか。
水曜朝、頑張ります。

相手に伏兵がいるときは、端攻めも考えなければなりません。
二択ですが、地形によってはばればれです。
相手の戦績を見て対応してくるか考えるか、開幕端攻しないで立ち回れるよう練習する必要があります。
品は下がってしまうかもしれませんが、いろいろ試してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/29

書籍「できるブログ」

できるブログを読みました。

このシリーズは初心者にもわかりやすくていいですね。
以前、サーバーをいじることになり、「できるWindows2000Server」とか読んでいました。

この本は文字通りブログに関して書かれています。
ブログサービス自体はそんなに難しくはないので、書くのに苦労してるなと思います。
ぱっと見て、書かれている通りに操作すれば、もうばっちりブログを立ち上げることができます。

ブログをやってみたいけど、操作が分からないと始められない人にオススメな本です。


できるブログ
できるブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/28

書籍「もっと「稼げる」ホームページ最強宣伝術―プロが教えるサイト集客の実践テクニック66」

もっと「稼げる」ホームページ最強宣伝術―プロが教えるサイト集客の実践テクニック66を読みました。

以前、「SEOを超えたホームページ集客術 ~プロが教えるSEM(検索エンジンマーケティング)の実践テクニック96」の記事で「どこかで読んだことがあるような本」と書きましたが、それはこの本の前著である
「ホームページ集客を利益に変える成功方程式 プロが教えるサイト運営の実践テクニック74」を読んでいたからです。
内容は完全に同じではなく、前者はSEMに絞って書かれており、後者はBtoCEコマースに関してマクロ的視点で書かれているとのこと。後者の一部を前者で詳しく書いているということで、似ているという印象をもったということです。

今回読んだ「もっと「稼げる」ホームページ最強宣伝術―プロが教えるサイト集客の実践テクニック66」は広告宣伝をクローズアップしています。

広告とは何かという話から始まり、実際のネットショップを例に改善点を指摘するまで書かれています。
予算別に取るべき手法も書かれていて、実践的です。

前二作はいい商材を持っていれば役に立つと思って読みましたが、この本はいい商材を探して、ネットショップを開設してもいいかなと思うくらい、具体的に説明されています。
そこまで踏み出すにはさらに何らかのきっかけが必要だと思いますが、ネットショップを開設する予定の人、解説していて広告のやり方がわからない人には非常に役に立つ本です。


もっと「稼げる」ホームページ最強宣伝術―プロが教えるサイト集客の実践テクニック66
もっと「稼げる」ホームページ最強宣伝術―プロが教えるサイト集客の実践テクニック66

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/27

三国志大戦 什七之巻

睡眠を十分に取ったので、開店時間より遅くなってしまいました。
夏休みなのでこんでるかと思いきや、がらがらです。

また水鏡天啓デッキを使って、戦いました。

1戦目。蜀呉バランス。R孫策、R黄忠、R姜維、たぶんあとコスト2一枚。
開幕端攻めです。
敵のR孫策が特攻してきてこちらのUC周倉(他)と一騎討ち。負けました。
さらに張梁とも一騎討ち。またまた負けました。
序盤に張梁が撤退した場合の作戦はまったく考えていません。
とりあえず戦闘を続けますが、相手は二枚残り、こちらは全滅。
攻城されそうなので再起の法。
なんとか敵を殲滅しましたが、二回攻城入りました。
その後、士気が貯まり水鏡天啓を考えましたが、司馬徽が倒されてしまいます。
残りカウント20を切り、そのまま生天啓。
敵を全滅させましたが、攻城までにはいたらず。
時間切れで負け。

八品に落ちてしまいました。
待っている人がいたので、ちょっと一息。
気を取り直して再戦しました。

2戦目。蜀バランス。SR馬超、R姜維、R黄忠、R劉備。
一瞬さっきと同じデッキかと思ってしまいました。
今回は攻城が二回できました。
相手は馬超が残っています。
張梁が倒されたところで再起の法。
復活してきた相手の部隊と激突。
こちらは全滅してしまいました。
相手は姜維が残っており、城門に一撃喰らってしまいました。
復活した部隊でなんとか撃破。
その後は馬超の白銀やら姜維の挑発やらを使われましたが、なんとか耐え忍びます。
最後、全滅してしまい、敵の攻城準備開始。
ぎりぎり時間切れ。
城ゲージは同じくらい。
判定はこちらの勝ち。
最後決められていたら負けでした。

これで七品に返り咲きです。

3戦目。見慣れないカードがたくさんある魏ワラワラ?デッキ。
UC典韋がいたので悲哀かと思ってしまいました。
卞皇后、荀攸、カイ越、于禁、牛金がいたような気がします。
開幕端攻め。
相手は反対の端で何かを守っていました。
相手も攻城に来ていましたが、卞皇后一体のみ。
こちらは張梁と周倉が攻城。
そのまま押し切りました。

4戦目。蜀魏?。SR馬超、SRホウ統、SR馬超は覚えています。あとR徐庶、UC法正、UC程昱だったような。
開幕一部隊しか見えません。
たいてい張梁が伏兵踏まされてうまくいかないのですが、今回は周倉がやられました。
そのまま進軍しましが、張梁も攻城前に撤退させられました。
孫堅が逃げようとしたら、UC法正、UC程昱を踏んでしまい撤退。
早々と再起の法を使うはめに。
攻城を許してしまいました。
なんとか士気が貯まりましたが、孫堅は撤退中。
呂範の火刑でSR馬超、SRホウ統ともう一体を焼きましたがほとんど減らず。
もうなすすべがありません、無駄に師の教えを生き残っている司馬徽にだけかけてみたり。
相手も一部隊も撤退していないのに再起の法を使ってみたり。
時間切れで負け。

出てきたカードは
C裴元紹
C陳羣
C廖化
とコスト1ばかり。
給料日あとなんでもうちょっとやっていかないといけないかなと思いかけましたが、次に出たカードは
R楽進
でした。
まだRは6枚しか引いてないのにダブってしまいました。
とりあえずRが出たし、品も保っているので終わりにしました。

今日は2勝2敗。
通算15勝14敗になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/26

台風通過中

この前の地震に引き続き、台風という災害がやってきてます。
続きますね。

今日は仕事でしたが、昨年の台風直撃とは違い、そんなにひどい風雨ではなく、無事に家に帰ることができました。

台風は被害ばかりをもたらすばかりではありません。
たとえひどい水不足だとして一発で解消してしまいます。
そんなところが日本人の気質に影響を与えているのかもしれません。

科学技術が発達しても克服できない自然災害。
被害を受けても生き延びられるよう、準備を整えておきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/25

7月23日の地震に関して思ったこと

7月23日に関東地方で地震が発生しました。

そのとき私は職場におり、免震構造になっていないビルはひどく揺れ、いままでより大きな地震だなとは感じていました。
その後、インターネットで震災情報を得ていましたが、普通に仕事を終え、いつもより早く帰宅しようとしたのでした。

ところが帰る手段のJR山手線が停止。
得られる情報が少なく、どうしたものか判断がつきません。
ちょっとあるけば御茶ノ水に出ます。
東京メトロ丸の内線が動いていれば、家には近づきます。
ただ行って動いていないほうが時間を潰すのに苦労するので、秋葉原に留まりました。

その後、1時間半程度で動き出し、ぎゅうぎゅう詰めながらも帰宅することができました。
そんな時間をロスした感じはしませんでした。

帰宅してニュース番組を見ると、「電車はもろいんだな」という発言を耳にしました。
確かに、最近の鉄道事情があり、安全確認に慎重になったとはいえ、震度4の地震が起きて、何事もなかったように運転再開するほうが驚きです。
安全装置がちゃんと働いて、しっかり停止したからこそ、被害が少なかったのではないかと考えられます。
もう少し大きい揺れなら、すごい被害が出ていたかもしれませんし。

喉もと過ぎれば熱さ忘れてしまう民族なのでしょうか。
自己中ばかりの国なのでしょうか。
ああいう発言をマスコミが拾いたかったのかもしれません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/07/24

映画「逆境ナイン」

今日は観ようか観るまいか迷っていた逆境ナインを観てきました。

CMを見ると、9回裏、112対0の逆境となっています。
コールドゲームってなりませんでしたっけ?と調べてみたら予選の決勝戦では適用されないとか。
地方によってコールドゲームの規定は違うとか。謎です。

CMではクライマックスのその点を押していましたが、そこにいたるまでもなかなか面白かったです。
原作を読んでなかったのが、よかったのでしょう。
あのぶっ飛んだ逆境を跳ね返す方法、いったいどうするんだと思っていましたが、いやー、抱腹絶倒でした。


逆境ナイン公式ページ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/23

三国志大戦 什六之巻

関東地方で震度5弱の地震がありました。
せっかく珍しく定時ちょっと過ぎに仕事が終わったのですが、JR線が止まっており、秋葉原から離れることができませんでした。
ちょうど会社帰りにプレイしていこうと思ったので、開き直って近くのゲーセンで三国志大戦をプレイしてきました。

1戦目。どんなデッキか覚えていませんが、2連勝していました。
とりあえず端攻め。
うまく敵を殲滅して攻城。こちらは張梁と太史慈が残っています。このコンビで順次出てくる敵部隊を倒して落城させました。

2戦目。魏単だったと思います。
伏兵が二体いました。
端攻めしたら、張梁が伏兵を踏んでしまいました。
うまい人は対策取ってきますね。
そのまま押し込まれました。
急いで再起の法。
しかしカイ越に弱体化をくらいました。
天啓の幻を使いましたが、兵力が少なく、撤退していきました。
時間切れで負けです。

七品にぎりぎり留まったので切り上げました。

しかし勝つのは開幕押し切り、負けるのは開幕失敗ばかりです。
それだったら水鏡天啓でなく、開幕終了に特化してもいいような・・・
とりあえず逆転できるよう勉強します。

出てきたカードは
C劉曄
C丁奉
でした。

C劉曄、何枚も引いてる気がします。
ただ、そろそろSRが出てきそうな回数なんで楽しみです。

1勝1敗だったので、通算13勝12敗になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/22

大きな会社でも

うちの会社のサイトの採用ページを修正したいと人事部から打診がありました。
複数に分かれていたページを一つにまとめるだけの簡単な作業でしたが、参考のため、いくつかの企業の採用ページを拝見しました。

ページ内の内容とかデザインも気になりますが、どんなふうにタグを書いているか知りたくてソースを見たりしています。
そんな中、超巨大会社の採用ページでちょっとしたミスを発見しました。

ソースを見ていただくと、METAタグのkeywordsとdescriptionに関係ない内容が書かれています。
というかテンプレートを修正しないでそのまま載せてしまったような気がします。

こんな大きな会社でもチェック体制は甘いのかなぁと思ってしまいました。
うちの会社はだいぶ厳しくなってきました。
社長の決断を仰がないと駄目かもしれません。


採用情報 | NTT東日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/21

書籍「SEOを超えたホームページ集客術 ~プロが教えるSEM(検索エンジンマーケティング)の実践テクニック96」

SEOを超えたホームページ集客術 ~プロが教えるSEM(検索エンジンマーケティング)の実践テクニック96を読みました。

どこかで読んだような気がする内容でした。

ディレクトリ登録とSEO、PPC広告の三つを合わせてSEMと定義しています。

Yahoo!JAPANへのディレクトリ登録はビジネスエクスプレスを利用するしかないようです。
軽く触れる程度です。
この本はSEOに関して残りの半分PPC広告に半分費やしています。

書かれている内容はどれもシンプルですが、簡単ということではなく、余計なものをそぎ落とし、ポイントに絞って書かれていると思います。
上司が許せばさっそくにもPPC広告をやるぞと思えるくらいわかりやすいのですが、問題は私の管理しているサイトは単なる企業情報を掲載しているだけのサイトで、PPC広告に意味がないということです。
特定の商品に絞れないのでSEOも難しそうです。

とりあえずできる限りの対策をしようと思います。


SEOを超えたホームページ集客術 ~プロが教えるSEM(検索エンジンマーケティング)の実践テクニック96
SEOを超えたホームページ集客術 ~プロが教えるSEM(検索エンジンマーケティング)の実践テクニック96

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/20

三国志大戦 什五之巻

まだ桃鉄Gが終わってません。
またまた3時くらいまでプレイしてしまいました。
ただ今日はやる気があって、開店前に到着しました。

トップローダー金を六枚装着していったのですが、ちょっと不安というか不満です。
今使っているデッキは水鏡天啓デッキで、
呉 R孫堅、R太史慈、C呂範
他 R司馬徽、UC周倉、C張梁
という構成です。
呉の三枚には青のトップローダーを使いたいと思うようになりました。
余った三枚ずつは交換用に使えますし。
しかし昨日秋葉原GIGOに行ったところ売り切れ。
会社の同僚に聞いてもどこも売り切れとのこと。
入荷するまで我慢しながら戦うしかありません。

ところが行ってみるとまだPOPに売り切れの札がついていません。
スタッフに聞いてみると緑以外ならあるとのこと。
さっそく青を購入し、入れ替えました。
前に買った金色の方のシールはR馬超の絵でした。
勢力のシールは魏蜀呉が一つずつ。
今回は貂蝉。シールは他が三つ。
トップローダーに貼り付けると、持ち運びのときにすれて汚れるような気がしてます。

入れ替えがすみ、不安は解消。
気分良くプレイできます。

1戦目。桃園デッキでした。構成はR劉備、R張飛、R馬超、R趙雲。
組んでみたいと思っていたデッキです。
こちらは端攻め。
司馬徽でR趙雲とR劉備の槍を消しつつ孫堅で突撃。
R張飛は周倉で迎撃し、馬超は呂範を踏んでくれました。
相手を全滅させて攻城。
そのまま相手が復活する前に落城させました。

2戦目。魏延ワラワラ?六枚デッキ。
相手にも張梁がいます。あと張魯、張宝は覚えています。
端攻めされたらどうしようと思いましたが、とりあえず自分のプレイを目指します。
と思ったら待ち受けていました。
序盤は競り勝って攻城できました。
その後は撤退してしまい再起の法。
相手は魏延の反逆の狼煙を多用していましたが、なんとか攻撃をしのぎきり、時間切れの勝利。

3戦目。コンセプトがわからないデッキ。
SR呂布、SR王異が入っていました。残り二枚は霞んでしまって覚えていません。
王異は端っこで柵を置きスタンバイしていました。
運良く反対側から攻め上がりました。
あとの2枚は早々に撃破。
孫堅と司馬徽は倒されましたが、張梁、周倉、呂範が攻城。
呂布は太史慈を葬ったあと、攻城に来ましたが、こちらの方が優勢です。
攻城部隊を倒しに呂布が戻ってきましたが、張梁の黄巾の群れで粘り、そのまま押し切りました。

3連勝し、七品にぎりぎり到達しました。

引いたカードは
C朱治
R徐庶
UC蔡文姫
でした。
欲しかったR徐庶が引けてよかったです。
これである人がブログに書いていた、プレイングスキルを学ぶデッキを組むことができます。

またここで辞めておけばいいのに、調子に乗って再びプレイ。

4戦目。呉弓デッキでした。
R周瑜、R太史慈、UC程普は覚えてますが、あとは伏兵でいたような気がします。
とりあえず端攻め。
相手は柵二枚でうまくラインを作っています。
ぎりぎりサイドと柵の隙間をぬって張梁が攻城できましたが、相手武将たちにはほとんどダメージを与えられず撤退。
黄巾の群れで二回目の攻城もできましたが、撤退。敵が攻めて来ています。
こちらは再起の方を使って迎撃態勢に。
相手は正兵の法を使い、倒すのに苦労します。
一箇所に集まってしまい、 赤壁の大火で一網打尽。
そのまま落城させられました。
どうやって戦っていこうかいまいちプランが思い浮かばなかったので駄目でした。
今後、似たようなデッキに当たっても困らないように考えないと・・・。

出てきたカードはC潘璋。
三連勝で辞めておけばよかったです。
降格して八品に。

トータル戦績は12勝11敗と勝ち越しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

書籍「ブログ・ビジネス―ビジネスで活かせるブログの始めかた」

ブログ・ビジネス―ビジネスで活かせるブログの始めかたを読みました。

勤めている会社のサイトをリニューアルする予定があり、ブログの導入も検討課題となりました。
そこで本この本を読んでみました。

ブログの基本的な役割や機能について、まず書かれています。
そしてその機能を用いてどうビジネスに役立つか述べられています。

対外的に使う場合の記述ミスや、お客様からのネガティブな反応に対して、とりわけ注意するよう強調されていました。
WEB通販サイトの価格記載ミスでとんでもないことになったり、お客様の対応に失敗し信用を失墜することもあります。
今のところ、大きなミスはしていませんが、これからチェック体制を強化していかなければならないかも知れません。

ブログの導入に関しては、サーバーを借りているため、プログラムをインストールできないということで、無理っぽいです。


ブログ・ビジネス―ビジネスで活かせるブログの始めかた
ブログ・ビジネス―ビジネスで活かせるブログの始めかた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/18

書籍「CRMの実際」

CRMの実際を読みました。

必要に迫られて本書を読みました。

CRMの基本的な考え方が学べます。
ただそれを実現しようとすると物足りないです。
もっと詳しい本を読む必要があるでしょう。

もっともそれぞれの企業によって求めるCRMは異なり、ずばりすぱっと解決とは行きませんが。
多少、実例をあげてあると理解度が高まったと思います。


CRMの実際
CRMの実際

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/17

三国志大戦 什四之巻

桃鉄Gを明け方の3時くらいまでやっていたので、寝坊しました。
開店後10分くらいに着きましたが、さすが日曜日、全部埋まっています。
すぐに空いたのでさっそくプレイ。

今日も水鏡天啓デッキです。
兵法は再起の法。

1戦目。デッキ内容は覚えていません。
師の教えを使ったのはいいのですが、士気が貯まるまで耐えられませんでした。
お互い昇格戦でしたが、負け。

2戦目。SRホウ徳が入っていたと思います。
呂範を許チョが踏んでくれて、さらに突撃状態のホウ徳を周倉でしっかり迎撃して開幕は勝利。
そのまま張梁の攻城も決まります。
その後は余裕で落城勝ち。
八品に上がりました。

3戦目。挑発デッキ。
相手には姜維、張松、陳珪&陳登の蜀挑発三枚が入っていました。
開幕、程昱を孫堅で踏んでしまいましたが、司馬徽と共に撃破。
端攻めの張梁が攻城。
途中、張松や陳珪&陳登に引っ張られましたが、すぐに倒して攻城を続けます。
太史慈で補助しながら黄巾の群れを使い続け、ばらばらに出撃してくる姜維や周倉(蜀)を撃破して、そのまま押し切りました。

4戦目。SRなしでした。
端攻めを見破られ、要の張梁が伏兵を踏んでしまい撤退。
その後は防戦一方でした。
なんとか敵を撃退するも、再起の法で態勢を立て直してきました。
こちらも迎撃のために再起の法。
こちらはなんとか二部隊残りました。
士気が貯まったので師の教えを使おうとしましたが、またミスして先に天啓の幻発動。
仕方なく敵を全滅させて敵城へ向かいます。
出てきたR夏候惇に隻眼の睨み連発。
敵を殲滅するのに時間がかかってしまいました。
そのため攻城になるまえに全部隊撤退。
先に復活してきた敵にいいようにやられました。

隻眼の睨みはうまかったと思います。
端攻めもうまく山を張られて負けましたし、兵法のタイミングも上手でした。
完敗です。

2勝2敗でトータル9勝10敗になりました。

出てきたカードは
C刑道栄
C劉璋
UC荀攸
C李典

今まで攻略本発売しているとのPOPが貼られていましたが、今日はオフィシャルトップローダー発売中に換わっていました。
セガダイレクトだと1545円で送料は別途かかります。
こちらは税込みで1600円で売っていました。
通販だとお届け日は8月18日と一ヶ月も先になります。
送料を考えるとここで買ったほうが得なため、金色を一つ購入しました。

直にカードを入れると大きすぎます。
三国志大戦の公式スリーブに入れてから入れるとぴったりです。
100円ショップで売られているカードホルダーやトレーディングカード汎用のトップローダーより、縁が細くなっています。
プレイに配慮しているからでしょう。
実際に使ってみたら、感想を書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/16

高橋名人オフィシャル携帯サイト「16SHOT」

高橋名人のオフィシャルサイトが開設されました。
なぜ今ごろという感じがありますが、マウスカーソルなど凝っています。

このサイトの中で興味深いプロジェクトが進行中です。
それはシュオッチの復活です。
希望者が多ければという条件付ですが。

私のうちにはシュオッチが二つ存在します。
一つは大昔、連射能力を鍛えるために購入しました。
そうとう汚れていますが、電池を交換すれば使えるでしょう。
もう一つは4,5年前ですが、秋葉原の雑貨屋で100円で購入しました。
今、考えればもっと買っておけばよかったと思います。
もっとも、連射機能が当たり前のようになっている今、存在意義は怪しいですが・・・

以前、サイトにシュオッチを持っていると日記を書いたところ、番組制作会社から接触がありました。
そのときはどこかにしまってしまっていて役に立ちませんでした。
今は手元にあります。

復活希望される方はぜひ、高橋名人オフィシャルサイトを訪れてください。

高橋名人オフィシャル携帯サイト「16SHOT」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/15

メジャーカレー

今日は秋葉原にあるゴーゴーカレーで昼食を食べました。

前回行ったときに気になっていたメジャーカレーに挑戦しました。
普通サイズのカレーに、ロースカツ、チキンカツ、エビフライ、ソーセージ、ゆで卵が乗ってます。
通常1550円のところ1000円と、たいへんお得です。
すごい食べ応えがありました。
最近、少食にしている私には辛かったです。

二人で食べに行って、片方トッピング無しで分け合うのがいいかもしれません。


新宿 南口 ゴーゴーカレー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/14

ゲームソフト「桃太郎電鉄G ~ゴールド・デッキを作れ!~」

桃太郎電鉄G ~ゴールド・デッキを作れ!~を購入しました。

やっと出たって感じで、とても楽しみにしていました。
最近はPS版とかもやらなくなりましたが、面白いゲームには変わりないです。

今回はGBA版独特のモードとして三年決戦があります。
通常モードで入手したカードの状態を記録することができます。
そのカードを持った状態でスタートできるのです。

まだ一回しかプレイしていないのですが、通常モードで、デッキを構築するためにいいカードを温存するか、それとも勝つために使用するか、悩むところが面白いです。
いいデッキが作れたら、三年決戦モードも楽しみたいです。

ただキングボンビーとかハリケーンボンビーとかやりすぎだと思います。
せっかく資産を貯めても一気に失うとやる気なくしますね。
確かに資産の差が広がったときに逆転手段がないと、下位の人のやる気がなくなるのもわかりますが。
上位の人ほど、差が広いほど、キングボンビーになり易いとか、ほかの逆転手段を用意してもらいたいところです。


桃太郎電鉄G ~ゴールド・デッキを作れ!~
桃太郎電鉄G ~ゴールド・デッキを作れ!~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/13

ガラナ入り飲料

最近の流行なのでしょうか。
ガラナ入りをウリにした飲料が二つ発売になっています。
一つはPEPSI X、もう一つはキリンレモンブラックです。

PEPSI Xはコーラの薬臭さがちょっと強くなったかなという感じです。
ただ結構効果があるのか、夕食後に飲んだら、その夜なかなか寝付けませんでした。

キリンレモンブラックは、見た目はコーラとレモンジュースを混ぜた感じ。
味はPEPSI Xよりクセがあって、気になります。
寝る直前に飲んだせいか、睡眠に影響はありませんでした。

PEPSI Xが飲み易くていいと思います。
キリンレモンは77にしておきましょう。


キリンビバレッジ | キリンレモン77/キリンレモンブラック
PEPSI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/12

書籍「人間は笑う葦である」

人間は笑う葦であるを読みました。

「人間は考える葦である」とはフランスの哲学者パスカルの有名な言葉です。
この本の題名はそれをパロディにしています。
しかし実際、生物の中で笑うのは人間だけと言われていました。
単なるシャレだけではないのです。

哲学とある種の笑いは非常に近いところにあると思います。
哲学でちょっとでもピントが外れると、ギャグにしかならないわけで。

この本を読んでも大爆笑とはいきません。
さすがに三冊も読むと、もういいかなという感じがします。


人間は笑う葦である
人間は笑う葦である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/11

三国志大戦 什参之巻

今日は気合が入っていて、開店前に到着。
エレベーターのボタンが反応するまでじっと我慢の子でした。

用意してきたのは呉他の水鏡天啓デッキです。
構成はR孫堅、R司馬徽、R太史慈、UC周倉(他)、C張梁、C呂範です。
戦い方も  ♪三国志大戦♪  頂上決戦を見てお勉強で学びました。

まずは対COM戦です。
二戦とも余裕で勝ちました。
いい感じです。

さっそく全国対戦しました。
最初の戦いはいまいち覚えてませんが、負けてしまいました。
序盤はそこそこ戦えたと思います。
士気が貯まり師の教えを使用。
そして士気が貯まって横に並べ、いざ天啓の幻!といったところで、呂範の火計が炸裂。
明後日の方向に放たれました。

次の戦いは相手、SR無しです。
R馬超、UC張飛、UC法正がいた気がします。
水鏡天啓も決まって攻城勝ちしました。
これで八品に上がりました。

進軍するとSR二枚も入っている神速デッキ。
負けました。
まだぎりぎり八品です。

ここでやるとどうせ降格しちゃうんだろうなという思いがありました。
でも弱気は駄目です。
勝って自身を持って八品だと凱旋したかったのでプレイしました。

最後の相手は司馬懿入りデッキ。
天啓の幻をかけたあと、三回目の水計でやられてしまったり。
士気が貯まったのに間違えて火計を使ってしまいました。
同じ二回攻城でしたが、相手のほうが上回って負けてしまいました。

ということで予想通り、九品に降格。
通算成績は7勝8敗と負け越しました。

出てきたカードは
UC夏候惇
C劉璋
R劉備
C董襲
R孫堅
でした。
R劉備もR孫堅もデッキ組んでますよ。
さっそくトレード候補に。

とりあえず計略を使うときに他のカードにならないよう、練習しなければなりません。

なんか負け越しましたが、R二枚出たからか、蜀の周倉とこちらの他勢力の周倉の一騎討ちで勝てたからか、そんなに落ち込んでいません。
同僚の「兵法を育てていると思えば」という言葉に救われています。
もっとも、やっぱり勝てないとしょうがないですが。
落ち込まずにどんどん練習していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/10

ネットランナー8月号購入

普段、雑誌はほとんど購入しないのですが、ネットランナー8月号を購入してしまいました。

最近、参加しているmixiというSNSがあるのですが、それを擬人化したフィギュア「mixiたん」がついているということで、購入するにいたりました。
秋葉原のラオックス ザ・コンピュータ館店頭で、抽選会をやっていたというのもありますが。
私は運が悪く、残念賞のマウスパッドしかもらえませんでした。

さっそくフィギュアは組み立ててみました。
パーツもしっかり別れていて、いいできだと思います。

来月号には「ふぉくす子」が付くそうです。
気になる方は購入してみては。


ネットランナー 08月号 [雑誌]
ネットランナー 08月号 [雑誌]

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/07/09

映画「STAR WARS エピソードIII」

映画「STAR WARS エピソード3」を観に行ってきました。

天気が悪くレイトショーでしたが、座席はほぼ満席。
人気の高さが伺えます。

ダークな話でしたが、空間戦闘あり、チャンバラあり、期待を裏切らない面白さです。

なぜダースベイダーがあの格好なのかわかって溜飲が下がりました。

またエピソード1・2・3と見直すと、違った見方ができると思います。
ジョージ・ルーカスが自らそう言ってるんですけど。

スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐公式サイト

スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX
スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/08

書籍「座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本」

座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本を読みました。

この著者の本を続けて読んでいます。
最近、テレビに出てるなと思ったら、こんなにたくさん本を書いていたんですね。
その中で今回は「座右のゲーテ」を取り上げます。

この本は、著者が感銘を受けゲーテの言葉が取り上げられています。
行き詰ったとき、悩んだときに拠りどころとなるような本に出合えていたらいいと書いています。

私にとっての座右の銘は何か。拠りどころとなる書籍は何か。
とりあえず影響を受けたとなると、マックス ヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」ですが、社会学の研究の本であり、座右の銘ではありません。
今後も、座右の銘との出会いを求めて、読書を続けていきたいと思います。


座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本
座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/07/07

書籍「コメント力」

コメント力を読みました。

この前読んだ「質問力」ですが、それもコメント力の一部とされています。
的確な質問をするためには、コメントを考える力が必要だというのです。

今までは沈黙は金なりということで、会議ではずっと黙っていました。
それでも平気でしたが、最近は会議に主要メンバーとして参加するようになり、的確なコメントを述べる必要が出てきました。
今日の会議でもまだまだいい発言はできませんでしたが、心がけるように意識が変わりました。

例文が出ていたり、親しみ易い例があげられていて読みやすかったです。


コメント力
コメント力

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/06

スッピンと涙。

スッピンと涙。 [MAXI]を買ってきました。

後藤真希の13枚目のシングルです。
ファンの集いで聞いてから約1ヶ月。
待望の発売です。

NHK連続ドラマ「七色のおばんざい」主題歌だそうです。
7月20日から放送されていたみたいですが、ぜんぜん知りませんでした。

KAN作曲によるスローバラード。
アップテンポな曲が好きな私にとってはちょっと残念でした。
カップリングの「もしも終わりがあるのなら」もそんなに激しくなく、なによりリズムを取るのが難しいです。

とりあえず今秋にソロライブがあるので、繰り返し聞いて備えたいです。


スッピンと涙。 [MAXI]
スッピンと涙。 [MAXI]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/05

書籍「質問力―話し上手はここがちがう」

質問力―話し上手はここがちがうを読みました。

会話が上手な人は、話が上手な人ではなく、うまく話を聞き出せる人だということです。
相手の話したいこと、自分の聞きたいことをうまく調和し、お互いの見識が上がる会話を得るためには、質問する力を身につけなければなりません。

ただ単に、相手の話にあいづちを打っていた私には目からウロコでした。
なかなか役に立つと思います。


質問力―話し上手はここがちがう
質問力―話し上手はここがちがう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/04

三国志大戦 什弐之巻

雨の中、ゲーセンに行ってきました。
昨日やらなかった分、やってやろうと勇んで行きました。

準備しておいた桃園デッキで対COM戦をやりました。
構成は、
R姜維
R張飛
R馬謖
R劉備
士気が4貯まったらR馬謖を斬って桃園の誓いを発動というコンセプトです。

とりあえずCOM戦では二回勝ちましたが、桃園の誓いを効果的に使えず、士気も余りがちで馬謖の意味もなかったり。

もう一つ持っていたデッキも試してみました。
構成は
R許チョ
R荀彧
R楽進
R孫策
UC程普
です。
荀彧さまが見ているデッキの亜種でしょうか。

二回とも落城させました。
こちらはなかなかうまく動いたと思い使うことに。

対人戦です。
相手は教え無双デッキでした。

倒しても倒しても湧いてくる他勢力たち。
そのうち士気が貯まって、教え無双。
武力24がめちゃくちゃなスピードで暴れまわります。
なんとか凌ぎ切っても、張梁や周倉に攻城されたり。
張宝に落雷も撃たれました。
ぜんぜん荀彧さま、睨めてません。

落城は免れましたが、時間切れで負け。

このデッキも封印でしょうか。
単にプレイの仕方が悪いのか、相性が悪いのか。

とりあえず使い慣れているビチクデッキに戻してしまいました。

いきなり対人戦です。
相手は麻痺矢デッキでした。
SR呂蒙とR太史慈がいますよ。
あとC呂範は覚えてます。
柵は二枚だけの模様。
真ん中がちょっと空いています。

武力8の弓が待ち構えていてどうしたものかと悲嘆にくれたり。
でもやるしかありません。

一時、端っこで甘皇后が一人で舞っているというひどい状況になりましたが、なんとか麻痺矢を突破して落城させて勝ちました。

続く戦いは桃園デッキ。
私のとは構成が違います。
R劉備
UC馬岱
R馬超
SR諸葛亮
R魏延
でした。

序盤は、甘皇后が馬岱を踏み、許チョが諸葛亮を踏んで撤退。
その後は残りの武将も撤退させられます。
R馬超と馬岱に攻城されたり。

再起の法を使って復活し、出撃。
回復の舞いを踊って反撃です。
桃園の誓いは一切使われず、魏延の反逆の狼煙をやけに使われた印象があります。

反撃に行こうにもなかなかチャンスが訪れません。
徐々に相手に押され、甘皇后のみ踊っていることに。
最後、あと一撃で終わるというのに、諸葛亮の落雷を甘皇后に炸裂。
五発も一人で受けてました。

攻城している敵に、うまく部隊をぶつけることができていませんでした。

出てきたカードは
C沙摩柯
UC張コウ
C満寵
C劉曄
C呂範

成績は6勝5敗になりました。
なんか士気が上がりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/03

映画「宇宙戦争」

映画「宇宙戦争」を見に行ってきました。

最後は思わず笑ってしまいました。
現代社会において、異星人襲来の話は難しいのではないかと・・・

最初は人を○にしていたのに、後半のあれっていったいなんだったのでしょう。
異星人には異星人なりの理由があったと思いますが。

またトム・クルーズ演ずるレイが、またラスト・サムライと同じく○○○○○○○○○○。
彼の息子のロビーが○○○○○○。

なぜか「インデペンデンス・デイ」を見たくなってしまいました。

宇宙戦争公式ページ

宇宙戦争
宇宙戦争
インデペンデンス・デイ
インデペンデンス・デイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/02

書籍「ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団編 ファッション2005」

[アキバBlog]FF11 電撃の旅団編 ファッション2005は「FFマニアの究極のコスプレガイドブック」?へトラックバック

ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団編 ファッション2005を読みました。

私はFF11をプレイしています。
装備しているアイテムによってキャラクターのグラフィックが変わるのですが、中には装備したくない物も存在します。
アイテムの性能は高くても、グラフィックがいまいちとか、他の装備品と色・デザインがマッチしていないと躊躇します。
そんなアイテムを購入してしまい後悔しても後の祭り。
手数料を払って競売所に出品するしかありません。

装備に迷ったとき、この本を見てグラフィックを確認できます。
逆に、装備してみたいアイテムがあって楽しみが増えました。

[アキバBlog]に書かれているように、別の用途にも使えると思います。


ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団編 ファッション2005
ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団編 ファッション2005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/01

FRONT MISSION 2089解約

P901iを購入してから、やってみたかったFRON MISSION 2089をプレイしてみました。

画面は非常に綺麗です。
フィールドは狭いですが、うまく作られていると思います。

ただお金を貯めるために同じミッションを繰り返さなければならないことが苦痛でした。
あとスキルのバランスの悪さが気になります。
マシンガン系ではほとんどダメージが与えられないためSPEEDはあまり役に立たず、ほとんど発動しないためSWITCHは機能せず、DUELは選ぶと命中しなくなってしまいマイナスです。
あと遠距離スキルのGUIDEも同じで、命中しなくなります。

格闘武器はリスクが高くて使いませんでした。
しかし敵は使ってくるものもいます。
しかもFIRSTで先手を取られ、STUNで気絶させられます。
このSTUNが曲者で、5ターンくらい平気で気絶させられています。
二人が行動不能になるとそうとう苦しいです。
こちらもFLASH GRENADEを使ってめちゃくちゃ強い敵を押さえ込むことができますが・・・

ライバルチームを倒し、いよいよ物語りは佳境入るかと思いきや、新たな敵の出現というところで、現在配信されているミッションが終わってしまいました。
バランスがよければまだ続けたと思いますが、あのバランスは痛すぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »