« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

三国志大戦占い

三国志大戦の話が続いてしまいますが、このサイトを紹介してしまいます。
三国志大戦占いです。

三国志ではなく三国志大戦と限定されているところが面白いと思います。

ちなみに占ってみたところ、私は「牛金」になってしまいました。
ぜんぜん当たってませんよ。
しゃれということで受け流します。


三国志大戦占い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/29

三国志大戦 什壱之巻

今日はお昼ぐらいに参戦です。
平日なのですいています。
ぎりぎり8人プレイするかしないかで、店員さんも番号札を配るか配らないか微妙なところ。

到着して5分くらいで順番がまわってきました。
今日もR夏候惇、R許チョ、法正、夏候月姫、甘皇后で戦いました。

最初はSR馬超、U関羽、U法正(蜀)、SR劉備?という構成でした。
SR馬超は欲しいカードで、見とれていたら、負けてしまいました。
カード5枚を動かしきれてませんでした。
R夏候惇がまったく関係ないところで止まっていましたから。
反省しなければなりません。

気を取り直してプレイ再開。
次の相手はSRなしでした。
陳宮に水計を撃たれたりしましたが、R夏候惇、法正は知力がそこそこあるので撤退せず。
落城させることができました。

進軍して出逢った敵はSR張遼、R夏候惇、SR買ク、荀彧、荀攸。
SRが二枚も入っています。
離間の計は使われませんでしたが、神速の大号令や隻眼の睨みを適時に使われました。
こちらは回復の舞いを使っている分、他の計略に使う士気が足りず苦戦します。
最後、R許チョとR夏候惇を相手城壁に貼り付けましたが、時間切れ。
あと一回でも攻城できていたら逆転だったのですが。残念。

出てきたカードは、郭皇后、劉曄、劉曄と収穫なし。

通算成績は5勝3負。

たまたま当たった相手が悪かったのでしょうか。
SR持ってないと駄目なのかと考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/28

書籍「三国志大戦 必勝戦術講義」

三国志大戦 必勝戦術講義を読みました。

今、はまっているアーケードゲーム「三国志大戦」の攻略本です。

全カードがカラーで紹介されています。
あとはプレイ方法とサンプルデッキが載っています。

プレイ方法は基本的な点ばかりです。

サンプルデッキは14サンプルありますが、どれもいまいちでした。
WEBで真剣なデッキが検索できますので。

おまけのEXカードも魅力的でないです。
これでこの金額は出せないと思います。
私は同僚から借りて読みました。
とりあえずネットにつながなくてもすぐにカードが参照できるのは役立ちますが、一度どこかのサイトのリストを印刷してしまえば済むかもしれません。

カードを全部集める方にはお勧めです。


三国志大戦 必勝戦術講義
三国志大戦 必勝戦術講義

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/27

書籍「ウェブログ完全ガイド―誰でも簡単に、ホームページから日記発信!!」

ウェブログ完全ガイド―誰でも簡単に、ホームページから日記発信!!を読みました。

ブログとは何か、どのようなサービスがあるのか、一通り網羅されています。

開発秘話などは面白いのですが、初心者にとってはいらない話かもしれません。

発行から一年もたっていませんが、すでに内容が古くなっています。
WEBの世界の移り変わりの速さを実感します。


ウェブログ完全ガイド―誰でも簡単に、ホームページから日記発信!!
ウェブログ完全ガイド―誰でも簡単に、ホームページから日記発信!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/26

三国志大戦 什之巻

今日は寝坊してしまいました。
急いで向かっても開店30分後に到着。
まだ空いている席がありました。
さっそく座ってプレイです。

今日から全国対戦をやります。
気合入りまくりです。

今日も前回と同じデッキを使いました。

無我夢中で戦い、とりあえず三連勝して九品に上がりました。

まだ並んでいる人がいないので、続けてプレイします。
このプレイも勝利し四連勝。
今回も2回進軍してやろうかと欲が出ます。
あと続けてプレイし、集中力が落ちたのでしょうか、次の対戦で負けてしまいました。

相手は呉単バランスだったと思います。
カードは周泰、太史慈、朱桓、あとのコスト2.5は忘れてしまいました。
たしか柵が二枚あったと思います。
相手のカードがわからなければ、対処もしようがありません。
精神面も鍛えなおさなければならないと思いました。

出てきたカードは陳珪&陳登、法正、陳珪&陳登、程普、曹仁でした。
持っていなかった曹仁が出てよかったです。

昨日、トレードボックスをチェックして張宝を入手しました。
悲哀デッキに興味津々なところですが、SR甄皇后は高いですね。
まだまだ今のデッキで戦って行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/25

書籍「サービス品質革命 「顧客とともに、CSを超えて」NECフィールディングの挑戦!」

サービス品質革命 「顧客とともに、CSを超えて」NECフィールディングの挑戦!を読みました。

このごろ、会社ではWEBサイト担当だけでなく、顧客管理というか、CS対策チームという感じの仕事もやらされる可能性が高くなってきました。
はっきり言って、二つを完璧にこなすのは不可能です。
コンサルタントの先生にも頼んで、社長に提言してもらいましたがどうなることでしょうか。

とりあえずどちらの仕事につくとしても、CSについて勉強することは無駄ではありません。
そこでこの本を読んでみることにしました。

この本は題名の通り、NECフィールディングのCSに対する取り組みが書かれています。
書かれていますが、難しい用語には説明がなく、簡単な用語に使い方のミスがあったり、読みづらく感じました。
さらに、肝心のどのようにしてCSを高めているかが掴めず、途中で読むのを止めてしまいました。

私の求めていた内容とかけ離れていたのだと思います。


サービス品質革命 「顧客とともに、CSを超えて」NECフィールディングの挑戦!
サービス品質革命 「顧客とともに、CSを超えて」NECフィールディングの挑戦!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/24

書籍「やりなおしのホームページ―誰も教えてくれなかったホームページを“最適化”するテクニック集」

やりなおしのホームページ―誰も教えてくれなかったホームページを“最適化”するテクニック集を読みました。

自分でホームページを作成していたり、会社でWEBサイトを管理したりして、ホームページのタグを修正することは多いです。
その際、自分の中では一応ルールを決めてタグを記述しています。
しかし、他の人がその人のルールで記述していると、修正するのに苦労します。
見ていて、なんでこう記述するんだろうという不満を感じることもあります。
もっとも他人から見たら、私がいいと思っているルールもおかしいと思うこともあるでしょう。

この本はタグの記述を整理し、画像を修正し、ホームページを軽く、見栄えを良くする方法を紹介しています。
だいたい私も同じようなことをしていましたが、明確に理由を示されて書かれると、なるほどとうなってしまいました。

この本を各担当者が読み、表記の統一を図ると、更新がしやすくなっていいと思います。
とりあえず手元において、常にこのルールに沿って作成や更新をしていきたいところです。

ソフト任せに記述している人にはぜひ読んでもらいたいほんです。


やりなおしのホームページ―誰も教えてくれなかったホームページを“最適化”するテクニック集
やりなおしのホームページ―誰も教えてくれなかったホームページを“最適化”するテクニック集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/23

書籍「図解 ネット広告のしくみ―出稿の実務と効果・費用がわかる」

図解 ネット広告のしくみ―出稿の実務と効果・費用がわかるを読みました。

最近、ネット広告の代理店という人からたくさん電話がかかってきています。
会社のWEBサイト担当ということで、私が対応するのですが、予算がないんで全部お断りになっています。
通販サイトは別の人間が管理しており、そちらでの判断になると思います。

しかしGoogle アドワーズ広告とかは代理店を挟まないで申し込みが可能なはずです。
なんか胡散臭い感じがするのも事実でした。

この本を読んで、その謎が氷解しました。
でもやっぱり費用をかけず、自分でいろいろ工夫してできるのが、ネットのいいところだと思います。
自分で起業して、宣伝が必要なら手を出してみたいです。


図解 ネット広告のしくみ―出稿の実務と効果・費用がわかる
図解 ネット広告のしくみ―出稿の実務と効果・費用がわかる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/22

三国志大戦 九之巻

今日は雨天でしたが、行くことにしました。
それでも私がプレイすることには八台すべて埋まっていました。

今日も同じデッキで戦います。
まだCOM戦です。
張コウの入ったデッキと二回戦いました。
張コウに攻城されなければなんとかなるので、徹底マークです。

あとは騎馬が特攻してくるデッキと当たりました。
最後の戦いは、甘皇后がことごとく倒され、苦戦しましたが、最初に攻城ができていたので逃げ切りで勝ちました。
こんなんでピンチに陥るとは、ちょっと対人戦に不安を持ってしまいました。

昇格戦も勝ち、経験値が1000に到達。
将軍になりました。

出てきたカードは裴元紹と丁奉でした。

とりあえず今のデッキでしばらく戦い続け、デッキの核となるSRを引いたら、そのデッキに変えてみようと思います。
甄皇后なら悲哀デッキ、張遼なら神速デッキ、呂蒙なら麻痺矢デッキといったところでしょうか。
曹操が出ても、覇王デッキを組むのに他にもSRを引かないとダメなので苦しいところです。
黄月英が出たら、同僚が曹操と交換してくれるというので、曹操をトレードに出したいと思います。
王異か貂蝉だったらお守り代わりにとっておくかもしれません。
一番欲しいSRは馬超なんですけど、自力で引けるでしょうか。

いよいよ次から全国対戦開始です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/21

書籍「どんどん顧客が集まる魔法の手紙DM」

どんどん顧客が集まる魔法の手紙DMを読みました。

非常に参考になる本です。
前半は、核心をぼやかして書かれていてやきもきします。
著者が手がけた商品が何か明らかにされないだけでなく、DMの方法に関しても書かれていないからです。

後半になると、いよいよDMの説明が始まります。
これを読んで、私も実践したいと思いました。
問題は、「魅力ある商品」を私が扱っていないことです。
製品自体は優れているのに、大量生産はできず、あまり知られていない商品を、全国で販売するために、有効なDMの書き方だと思います。
もっとも、DMを出すための顧客リストをどう作成したらいいかには触れられていませんでした。

とりあえず魔法のDMの書き方で、うまく書籍を書かれたという感じがします。
条件にあっている人には非常にオススメな本です。


どんどん顧客が集まる魔法の手紙DM
どんどん顧客が集まる魔法の手紙DM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/20

1コインフィギュア 電脳戦機バーチャロン

1コインフィギュア 電脳戦機バーチャロンを購入しました。

本当はフロントミッション トレーディングアーツを買いたかったんですが、高いです。
欲しいヴァンツァーがゼニスだけで、当たる確率は7分の1。
外れる可能性は高いですね。

こちらバーチャロンは4種類です。
テムジン、ライデン、アファームド、ドルカスです。
ライデンを使ってましたので欲しいです。
主人公機のテムジンでも、人型なんでアファームドでもいいです。
ドルカスだけ避けたいです。

ということで会社帰りに一個だけ購入しました。
でてきたのは・・・ドルカスです。
ついていません。

翌日、悔しいのでもう一個買いに行ってきました。
今回はサーチしてしまいました。
最初の三個は同じくらいの重さだったのですが、さらに持ってみると明らかに重さが違います。
重いのがライデンとドルカス、軽いのがテムジンとアファームドに違いありません。
ライデンが欲しいのですが、チキンな私は軽い方を買ってしまいました。

外に出て開けてみるとテムジンでした。
とりあえずこれで終了にしようと思っていました。

この記事を書くために、ブログを検索したら、ライデンとドルカスの判別の仕方が書かれていたので、試してみたいと思います。
レジの向こうに飾られていたライデンがかっこよかったのです。


KOTOBUKIYA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/19

三国志大戦 八之巻

会社でまた新たに他の人からカードをもらいました。
ダブったからということで、R劉備とR孫策をいただきました。
桃園デッキを組みたいですね。
孫策はなかなかっこいいですし。
太史慈を入手したら呉デッキも組んでみたいと思います。

あと左慈と荀彧ももらってしまいました。
反計持ちの選択肢も増えました。

秋葉原のゲーセンも昼休みにまわってみたり。
リサイクルボックスがある店もありました。
すると欲しかった王平があるではありませんか。
他にも持っていないカードをいただいてきました。
だいぶ所持カードも充実してきました。


今日は開店直後に到着しました。
エレベーターがなかなか来ないのはわかっているので、おとなしく待っていました。

8台中6台がうまっています。
他に人がいないので、座ってすぐにプレイしました。

使ったデッキは、ビチクデッキです。
カードは前回と同じでR夏候惇、R許チョ、法正、夏候月姫、甘皇后です。
名前の由来はわかる人にはわかると思います。

今日も対COM戦です。
黄巾ワラワラデッキ、黄蓋攻城兵デッキ、あとの二つはいまいち覚えていません。
時間評価が低かったですが、とりあえず全勝。

出てきたカードは徐盛と沙摩柯でした。

その後、他の人やモニタのプレイをチェックしたり。

八品と九品の戦いがありました。
片方は蜀単です。
なんか聞き覚えのある声がすると思ったら、甘皇后を使っていました。
もう一枚は孫尚香です。こちらは夏候月姫と同じ声でしょうか。
甘皇后をR黄忠、R孫尚香、馬謖で守り、士気が3貯まったら馬謖を切って回復の舞いを発動。
ということらしいです。

R黄忠のコストが2、R孫尚香は1.5、馬謖は2あります。
甘皇后が1なので合計6.5。
あと1枚覚えてないんです。
柵はなかったと思います。
ただこの構成だと、甘皇后は回復の舞い、R孫尚香も蜀への援軍を使えますが、どちらも回復で重なっています。
柵もなくて、敵の突進を防げてなかったと思います。
このデッキは私だとかなりつらいところです。
でもこれで九品にいけるなら、私のデッキでもいけると自信になりました。

今日、一級に上がりました。
あと3回くらい戦えば、十品になれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/18

書籍「それでもお客様は神様ですか?―電器売場店員のクレーム日記」

それでもお客様は神様ですか?―電器売場店員のクレーム日記を読みました。

私も実際電器売場店員をやっていたので、他の会社の人はどう思っているのだろうと興味を持って読みました。

具体的な社名を一切出さず、お客様も特定できないように、うまく書かれているなと思いました。
私だったらここまでうまく書けませんし、お客様に対してはいいエピソードなんてほとんどないので、読んでいてつまらないことになるでしょう。
ブログでも書かないように気をつけています。

著者とは違い、私はごねた者勝ちの世の中だと思います。
何も言わないのはもったいないです。
言いがかりはよくありませんが、不満があるなら表明しましょう。
修正されれば儲けもの、ダメでももともとアタックしてみるべきです。

もっともクレームを言うのも疲れるんですよね。
私が始めてPCを買ったときは、電源が入らなかったり、モニタに傷が付いていたりで苦労しました。

今の会社で、売場に戻れと言われたら、辞めてしまうでしょう。
それくらい販売の仕事は、自分には向いていないというか、いやなものでした。
読んでいて思い出してしまい、嫌な気持ちになってしまいました。


それでもお客様は神様ですか?―電器売場店員のクレーム日記
それでもお客様は神様ですか?―電器売場店員のクレーム日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/17

これってVOWネタ?!

ドイツで開催されているコンフェデ杯。
日本は残念ながらメキシコに負けてしまいました。

今日は仕事があるため、日本時間1時キックオフではテレビ放送は見ることができず、朝刊でも間に合わないと思っていました。
実際、会社に出勤してから、MSNのニュースで結果をしりました。

まったく新聞では記事が載っていなかったかというとそうではありません。
うちは朝日新聞をとっているのですが、スポーツ面に少し載っていました。
前半12分、柳沢が先制したとあります。

しかしこの記事、前半は日本対メキシコですが、後半はドイツ対オーストラリアの話になっています。
写真もドイツの選手二人が映っていますし。
急遽、変更を加えたけど、うまく差し替えられなかったというところでしょうか。

長いので一部、抜粋してみます。
「日本は16日、メキシコとキックオフ。加地(FC東京)の右クロスを柳沢(メッシーナ)が右足で合わせて先制した。
大黒柱のMFバラックがゴール前に飛び込むとチャンスが広がる。試合を決定付けた4点目はドイツらしい形だった。」

朝日新聞の14版です。
前の版では記事が出ておらず、後の版では修正されてるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/16

書籍「VOW全書〈7〉まちのヘンなもの大カタログ」

VOW全書〈7〉まちのヘンなもの大カタログを読みました。

面白ネタ一杯のVOWが単行本『VOW13』『VOW14』の内容を選りすぐって一冊にまとまりました。
電車の中で読んだら、笑いがこらえずたいへんなことになってしまいますよ。
説明するとつまらなくなるので、このへんで。
とりあえず本屋で何ページが立ち読みしてみてください。

VOW全書〈7〉まちのヘンなもの大カタログ
VOW全書〈7〉まちのヘンなもの大カタログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/15

ハイチュウ アイス

友人のブログを見て、こいつは食べたいと思ってコンビニを三軒ほど回ってやっと見つけました。
成分的にはゼリーなんですけど、弾力が微妙に違う気がします。
ゼリーより歯ごたえがあるような、冷えててもカチカチになってないような。
完全に溶けるまで取っておいて、比較してみればよかったです。

ハイチュウアイスは、公式ページではハイチュウではなくアイスのカテゴリに入っていました。

ようこそ!森永アイスへ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/14

三国志大戦 七之巻

今日はそんなに焦らず、開店30分後くらいに到着しました。
いつも行っているお店、8台になっていたのです。
すごい人気ですね。
そのおかげで待たずにプレイできました。

使ったデッキは新デッキです。
前回のデッキでは、なにかいまいち各カードをうまく動かせていないというか、面白味がありません。
やっていて楽しくないと。

日曜日に新カードを入手しました。
金銭トレードで、R夏候惇とR許チョです。
この前のデッキで、R張飛と姜維と入れ替えると、
R夏候惇、楽進、R許チョ、程昱、荀攸
となり、魏単にすることが可能だと思ったのです。

それからゲームセンターに寄り、リサイクルボックスを見ると、夏候月姫がありました。
遠慮なくいただきました。
せっかくもらった甘皇后も使いたいところです。
そこでこんなデッキを考えました。
R夏候惇、R許チョ、法正、夏候月姫、甘皇后
です。

許チョの柵を手前端にセットします。
甘皇后は一番前の端にセット。
許チョの前にR夏候惇と夏候月姫を、甘皇后の隣あたりに法正をセット。
戦闘が始まったら、甘皇后はまっすぐ攻城に向かわせます。
敵は1部隊差し向けてくると思うので、そいつを伏兵の法正を踏ませて処理。
許チョと夏候月姫でけん制しつつ、夏候惇で突撃します。
甘皇后が倒され、復活することには士気が貯まっているので、出撃して回復の舞いを発動。
許チョの能力と回復力で敵を処理していきます。
法正を攻城させ、他の三枚で敵を排除するという作戦です。

今日も2クレジットだけ対COM戦でプレイ。

最初は神速デッキでしょうか。
槍で迎撃して勝ちました。

次は黄巾ゾンビデッキ。
倒しても倒しても復活してきましたが、許チョの手動大車輪でどんどん迎撃して勝ち。

あとは大喬小喬デッキ。
柵弓地帯は突破し、敵を全滅しましたが、復活してきた大喬と小喬に一回ずつ計略を使われてしまいました。
法正、夏候月姫、夏候惇で攻城して勝ち。
最後は夏候月姫の落城時のセリフも聞けたり。

もう一戦は忘れました。
騎馬が多い敵だったような気がします。

実際にコントロールする枚数が4枚なのが楽な印象を受けました。
騎馬が一枚だけというのがいいのかもしれません。
結構気に入りました。
回復の舞いの時の「痛いの飛んでけー!」というセリフには笑ってしまいました。

今日は三級に上がりました。
もうちょっと戦ってみて、対人戦に挑戦したいと思います。

最初はR夏候惇、R許チョではなく、R張飛、姜維のコンビのままで考えていました。
ただ柵がないので、法正を王平に変える必要があります。
たまたま王平をもっていなかったので、今日のデッキ構成になりました。
伏兵がいないのはどうなのでしょう。
デッキ診断に投稿してみようかと思います。

出てきたカードはR于吉と程遠志。
まだ14回ですから、こんなものですよね。
司馬徽を入手して、水計連破デッキを組みましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/13

書籍「おちまさとプロデュース企画の教科書2 企画火山」

おちまさとプロデュース企画の教科書2 企画火山!を読みました。

この前、読んだ、「企画の教科書 おちまさとプロデュース」の続編です。

今回は連続して企画を立てるための方法について解説されています。
内容的には面白いですが、前回の本がないと役に立ちません。

連続して企画を立てるいい実例が本書となっている点が秀逸です。
作者はしめたって思っていることでしょう。

こだわりとサービスのゲージに関しては、ちょっと疑問符を持ちました。


おちまさとプロデュース企画の教科書2 企画火山!
おちまさとプロデュース企画の教科書2 企画火山!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/12

三国志大戦 六之巻

今日もまったりしてしまった、11時ころにお店に着きました。
さすがに日曜日、すでに6人待ちです。
またマンガは1巻がありません。

今回はデッキ変更です。

先輩と交換した馬謖を活かすには、麋竺と組ませて、ゾンビデッキを組んだらいいと考えました。
馬謖はコスト2、麋竺がコスト1ですから、残り5。
復活させるなら強いカードの方がいいので2、2、1と割り振るよりは、2,5×2の方がいいでしょう。
SR馬超とR張飛が使われることが多いようです。

ということで、馬超か張飛があったらなと職場で話していたら、R張飛がダブったからといって、前回甘皇后をくれた人が、またくれました。
足を向けて寝られません。
さすがにSR馬超はないですし、あってもダブってももらえませんね。

そして前回購入したカードでデッキの変更です。
今まではUC黄忠、張松、UC張飛、法正、朱桓のバランスデッキでした。
荀攸を購入したので、朱桓と入れ替え。これで蜀呉から魏蜀になります。
姜維はUC張飛との入れ替え。
楽進は張松と入れ替える予定でした。
さらに程昱を入れたいのですが、法正と入れ替えると0.5余ってしまいます。
いままではここで止まっていました。

今回はR張飛が手元にあります。
ちょうどコスト2.5。
UC黄忠と入れ替えるとぴったりです。

ということで今回のデッキはR張飛、楽進、姜維、程昱、荀攸となりました。

いきなり対人戦は無理なので、COM戦からです。

劉備デッキに攻め込まれそうになりましたが、なんとか時間切れで勝ち。
全体強化は強いですね。

黄巾デッキは大水計でたくさん流しました。
範囲がカードのちょうど前からなので、だいぶ前に動かないといけません。
程昱はなんか戦力になっていないような感じがしてなりません。
何回か反計はしてますけど。
対人戦では必要でしょうか。

とりあえず2回やって、出てきたカードは公孫サンと張任。
どちらも持ってて、残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/11

後藤真希☆ファンの集い

digitalmorning - ハロプロネタ80%のブログ&コンテンツサイト後藤真希ファンクラブイベントへトラックバック

『後藤真希☆ファンの集い』に行ってきました。

会場は横浜BLITZです。
1階G列でした。前から順にA、B、C・・・となっており7列目です。
とりあえず肉眼で表情が確認できました。


あんまりネタバレするのもあれなんで簡潔に。

まずインタビューでは納豆の変わった食べ方とか。
納豆嫌いの私は、あの食べ方でいけるかどうか試してみようかと思ったり。
納豆オムレツの焼かない版?みたいな外見でした。

手品はステッキ落としてしまいました。
手さばきが見られず残念!
卵と帽子のマジックはわかってしまいました。
その後の入れ替わりはすごかったです。

ミニライブは四曲。
中の二曲は「溢れちゃう…BE IN LOVE」、「ペイント イット ゴールド
」、「横浜蜃気楼」の三曲の中から、ファンの拍手の音量が大きかった二曲が選ばれます。
私は「横浜蜃気楼」が聞きたかったのですが選ばれませんでした。
一曲目はアルバム「3rd ステーショ」から「19歳のひとりごと」。
ラストは新曲「スッピンと涙。」でした。

春のソロコンサートが無かったので期待していたのですが、四曲のみ。
曲が始まっても皆、座ったままでいまいち盛り上がりに欠けたと思います。
でも私だけ立つと後ろの人は見えなくなってしまうし、サイリウムは忘れてきてしまったし・・・

最後は握手会です。
彼女と握手するのは三回目。
一回目は読売ランドで記憶が飛んでおり、二回目は名古屋で一瞬のことでした。
今回はちょうど私の誕生日だったので、思い切って、私「今日は私の誕生日なんです」、彼女「おめでとうございます」、私「いい思い出になりました」という会話に。
三回目にして満足のいく言葉がかけられました。

ファンの集いということで、いろいろな面の見られる楽しいイベントになりました。
しかしやっぱり彼女のソロコンサートで思いっきり叫んで踊りたいです。
楽しみに待つことにします。
ファンクラブの更新手続きしなければ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/10

書籍「HTML&スタイルシートトレーニングブック」

HTML&スタイルシートトレーニングブックを読みました。

CSSを覚えなければならいと思い、読みました。
先にHTMLでの記述を一通り展開し、続いて同じようにCSSでの記述方法を学べます。
そしてグラフィックの加工の仕方、HTMLでのtableタグの設定の仕方、と続きます。
フレームの設定、FTPの方法も説明されていて、ホームページ作成の方法が一通り学べます。

最初のHTML部分のところは知っている人には退屈ですが、続くCSSの部分と対応しているため読んで確認しておいた方がいいでしょう。
細かいところは飛ばして読んでしまいましたが、CSSの考え方はわかりました。
もっと本格的な本に進みたいと思います。


HTML&スタイルシートトレーニングブック
HTML&スタイルシートトレーニングブック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/09

書籍「説得できるプレゼン・図解200の鉄則 - 読み手がうなるデジタル文書はこう作る」

説得できるプレゼン・図解200の鉄則 - 読み手がうなるデジタル文書はこう作るを読みました。

プレゼンに使うための資料、企画書、社内文書を作るだけでなく、WEBサイトに関する鉄則も説明されています。
一つ一つが詳細に、瑣末なことまで注意点が書かれています。
このくらい細かく問題点をあげないと、200もあげられないのかも知れません。
しかし鉄則が200もあるのはどうかと思います。

しっかりした鉄則を片手か、せめて両手くらいあげ、応用する方が好きなのですが、本当に手取り足取り教えないと駄目なのでしょうか。

巻末には役に立つテンプレート、図形などが収められており、見せ方は完璧になるでしょう。
もっとも重要なのは中身なんですが、それは別の本で学びなさいということで、住み分けてるという印象です。


説得できるプレゼン・図解200の鉄則 - 読み手がうなるデジタル文書はこう作る
説得できるプレゼン・図解200の鉄則 - 読み手がうなるデジタル文書はこう作る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/08

祝 ワールドカップドイツ大会出場決定

仕事を早々に片付けて帰宅しました。

キックオフはすでに過ぎていましたが、前半残り15分くらいからチェックしていました。

グラウンドの悪さ、気温と湿度の高さに苦労しているようでしたが、後半の2ゴールは見逃しませんでした。
勝って決まってよかったです。
急いで帰ってきたかいがあります。

中田、中村、小野、サントスがいなくて、さらに中澤まで抜けたらどうなってしまうか心配でした。

最後の最後、北朝鮮の選手がエキサイトしてしまいました。
北朝鮮で試合して、ああなったらたいへんなことになっていたことでしょう。
無観客試合でよかったというところでしょうか。

ワールドカップ出場が決まったので、今後の試合は少し安心して見られます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/07

三国志大戦 五之巻

今日は平日なので油断してしまい、開店よりちょっと遅れて到着。
一人しかプレイしていませんでした。

またまたCOM戦です。
デッキは前回と変わりません。

武力7の攻城兵がいるデッキには苦労しました。
他の武将も特攻してきたり。
こちらの武将三人が倒されたので、再起の法を使ったら、アニメーションが終わったところで、朱桓が倒されてしまったり。タイミングミスです。
その後、攻城準備中の敵を復活した張飛の大車輪で撤退させ、前半でリードしていたので、なんとか時間切れの勝ち焦りました。

2プレイして出てきたのは「凌統」とその他の「周倉」。


今日は立川まで金銭トレードのため行ってきました。
入手したのは「姜維」と「楽進」です。
「楽進」はすでに一枚、最初のRとして入手しましたが、先輩が欲しいというので、「馬謖」とR「司馬イ」とトレードすることに。
しかしプレイングスキルを向上するためのデッキとして上げられていたリストに「楽進」は上げられていましたし、やっぱり最初のRということで思い入れもあるので、もう一枚入手することにしたのです。

そのトレードを見かねたのか、他の人が「甘皇后」をくれました。
甘皇后デッキを組むかもしれません。
とりあえず対人戦に向けて、デッキを整えようかと思います。

なんか張松が弱いなと思ったら、今日からVer1.03に変わっていたからでしょうか。
突撃のオーラを纏うまでの距離が確かに長くなってますね。
もうしばらく様子見でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/06

書籍「ウォルマートの真実―最強のIT 最大の顧客満足」

ウォルマートの真実―最強のIT 最大の顧客満足を読みました。

今、WEBサイト管理の仕事だけでなく、顧客管理の仕事も絡むようになり、顧客満足度の参考になると思って読みました。
文章は非常に読みづらく、読むのに時間がかかりましたし、結局筆者は何が言いたかったのか最後までわかりませんでした。

読んでみてわかったことは、ウォールマートはITを用いて、利益貢献する商品を選別し、メーカーと協力して経費を削減、顧客に還元するというスタンスを取っているという点です。
うちの会社はぜんぜんシステムが悪いんで、顧客の分析すらままなりません。

売り場と本部とのコミュニケーションに関しては参考になる点がありました。

WEB管理人から外れて、もっとシステムを強化し、顧客管理に完全に集中させてくれるなら、それでもいいかなと思うようになりました。


ウォルマートの真実―最強のIT 最大の顧客満足
ウォルマートの真実―最強のIT 最大の顧客満足

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三国志大戦 四之巻

今日は開店時間ぎりぎりに到着。
しかし目の前のエレベーター、ボタンが動作せず。
もう一つあるエレベーターはすでに三国志大戦のあるフロアに到着し、なかなか降りてこない。
最初のエレベーターに戻ったら、こちらもそのフロアに。
すぐに降りて乗り込みましたが、すでに三国志大戦は埋まっていました。
二人待ち。

置いてある三国志のマンガを読もうと思いましたが、一巻が誰かに読まれてました。

すぐに順番が来たので、前回と同じデッキでプレイ。
まだまだCOM戦です。
弓デッキには苦労しました、攻め落とせず判定勝ち。
あと劉備デッキで4部隊撤退させられ、初めて兵法を使うことに。

一戦目に出てきた武将カード、袋をちょっと開けてみるとなんか光っています。
縁は銀色です。
7回目にして初のレアを引きました。
そのカードは「楽進」!
私のデッキには入らないですね~。
騎兵も弱体化するという噂ですし。
ただ先輩がダブった「呂蒙」と交換というのもどうなんでしょう。
最初のレアなんで。
少し考えてみます。

次の大戦は余裕勝ち。
流星デッキとかいうタイプでしたが、撃たれる前に撤退させました。

5級に上がりました。
出てきたカードは「凌操」。
けっこうコモンはダブりますね。
まだまだ持っていないカードは多いのですが。
組みたいデッキはあるのですが、カードが足りません。
ちょこちょこシングルで買うかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/04

衣替え

昨年、今の職場に異動になったころ、夏の終わりでしたが、ノーネクタイで活動していました。

今年はどうなるのだろうと思っていました。
6月1日になり、通勤時に学生たちの制服が切り替わり、衣替えだと実感しました。
職場では何も通達がなかったので、今年は普通にネクタイ締めて、クーラーが入るのかと思っていました。

ところが昨日、出社したところ皆ノーネクタイ。
3日からノーネクタイ開始だそうです。
いかにも急に決めましたという感じ。
最近、こんなのばかりで困ってしまいます。

とりあえず私も今日からノーネクタイ。
昨年と違って、今の時期は涼しいので、半袖シャツにはまだなりそうにありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/03

書籍「稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方」

稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方を読みました。

彼とは同い年なんですが、ぜんぜん違うな~と感じました。
これくらい突き抜けないと稼いでいけないなら、突き抜けなくてもいいやと思ってしまったり。
あまり欲が深すぎてもダメなんじゃないでしょうか。

一部、共感するところもあり、反発するところもあり。
いいものは残る、いいものを残していこうということをぜんぜん考えないのでしょうか。

友達すら利用すべき存在と考えてしまっているところを読み、かわいそうだと思いました。
人の心もお金で買えるとかかれてましたが、本気でそう思っているのでしょうか?

他人の存在を無視するのもどうかと思います。
それでプロ野球参戦も失敗してますし。

参考になったのは女の子の口説き方くらいです(笑)
いまさらナンパする気はありませんが。

ちょっと期待してしまった私は恥ずかしいです。


稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方
稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/02

三国志大戦 参之巻

昨日、同僚からカードをもらいました。
この前シングルで購入した黄忠と張松も提供リストに入ってました。
早めにお願いしておけばよかったです。

まだまだ前回と同じデッキです。
黄忠、張松、張飛、法正、朱桓のバランスデッキ。

今日は寝坊してしまい、結局到着は11時。
今日は試験期間が終わったからか、すいていました。
空いていたのですぐにプレイ開始。

2ゲームともに対COM戦。
弓デッキが出てきて苦戦しましたがすべて勝利。
やっと六級に上がりました。

騎兵のできるだけ突撃状態を発生させている状態を維持しようと頑張ってみました。
でもカード五枚を全部うまく操作できていないと感じています。
まだ5クレジットだから慣れてないだけでしょうか。
対人戦はまだまだ先になりそうです。

出てきたカードは劉曄と麋夫人。
麋夫人はダブリです。
引きが悪いのは昔からですが、RやSRが出るのはいつのことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/01

10000hit到達!

このblogが10000hitに到達しました。
一年たたずに達成できるとは思っていませんでした。
皆さんのおかげです。
ありがとうございました。

今後も毎日更新を目指して頑張りますので、よろしくお願いします。

今日はモニタの調子が悪いのでこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »