« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/28

3rd ステーション

後藤真希のニューアルバム、3rd ステーションを購入しました。

いつもは発売日(2005/2/23)に購入するんですけど、今回は自分の会社のお店に置いてなかったので、買わずにいたら遅くなりました。下に表示されているジャ写は初回版でしょうか。私のは違います。ガッカリ。

この前のライブで聴いた渡良瀬橋も後藤verで収録されていてうれしいです。
11曲中5曲、知っている曲というのは残念ですが、コンサートに向けて聞いて行きたいと思います。と思っていたのですが、春のツアーは後浦なつみで開催される模様です。ファンクラブの先行受付には後藤真希単独ではありませんでした。かなりガッカリきてます。


3rd ステーション
3rd ステーション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/27

発想するコピーライティング

発想するコピーライティングを読みました。

会社のWEBサイトの管理をしていますが、管理だけでなくコンテンツの作成もしています。
今度、キャンペーンやイベントなどの告知をするページを作成するのですが、その文章までも自分で書かなくてはいけなくなってしまいました。そこで選んだのがこの本です。

作者は実際にコピーライティングの仕事をされていて、コピーライティングの教室も開講されています。
そこに参加する生徒は、コピーライターを目指している人ばかりでなく、WEBページの担当者も増えてきているそうです。

内容は実際に講座で使われた課題と、生徒の答えを使い、どう考えるべきかを繰り返し述べています。

参考になった点は
48ページのコピーライターの「5W1H」
258ページの祭事・催事一覧
352ページのボデーコピー案のガイド
です。

他の部分はまだ私には難しいかなと感じる部分もありました。
ただ資料を調べるだけでなく、自分でいろいろなことを体験していかなければいけないという点や、言葉遊びではなく、社会に貢献できるコピーライティングを目指されているなということで共感しました。


発想するコピーライティング
発想するコピーライティング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/26

練馬図書館

自宅から徒歩5分くらいで練馬図書館に行くことができます。

幼稚園のころから利用してました。
大学の卒論を書くのを最後に利用しなくなってしまいました。

仕事が変わり、上司が変わり、技術を高めていく必要に迫られました。
しかし膨大な読みたい本を全部、自費でも経費でも購入することは不可能です。立ち読みでは間に合いません。
そこで10年ぶりに図書館を利用することになりました。

図書館自体は変わっていませんが、練馬区立図書館のサイトができていました。
一度、登録すれば、WEB上で所蔵図書の検索ができ、予約することも可能になっています。
3年くらい利用がないと登録が消されてしまいます。私は当然、消されていて、新たに登録に行ってきました。

登録が完了し、WEBで検索。読みたい本としてあげたもののうち、4割くらいは所蔵されています。なければ近隣の組織から借りたり、購入したりしてくれるようです。

メールアドレスを登録しておくと、予約しておいた本が取り置きされれば、メールで通知を受けることができます。便利になりました。バリバリ活用しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/25

起業の「勝ち組」―30代ふたりで証券会社をつくった

起業の「勝ち組」―30代ふたりで証券会社をつくったを読みました。

この本、なんで買ったか覚えていません。以前、証券会社に勤めていましたし、ITの起業ということで興味があったのかもしれません。

中は日本オンライン証券(現カブドットコム証券)の設立に関わった、二人の男性の話です。
章ごとに、起業のポイントが書かれていますが、わずかです。なぜうまいいったのか、分析されてないです。これを見て実践してみようとは思えないです。
読むタイミングを間違えてしまいました。今は、もっとプチ副業みたいな実用的な本を読んで、実践していきたいと思います。


起業の「勝ち組」―30代ふたりで証券会社をつくった
起業の「勝ち組」―30代ふたりで証券会社をつくった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/24

ありえない~

今日は、お昼にラーメン屋に行きました。
店の前にはいつも入手に苦労するR25が置かれていました。
一緒に食事に出た3人は、それぞれR25を手に取って、入店。

このラーメン屋は食券を先に購入する会計システムです。
私以外の二人は知らずに席に着いちゃいました。R25を座席に置いておいて、券売機の列に。
私の後ろには一人おじさんがいました。
私は食券を購入して、R25が置いてある席の隣に座ったのですが、おじさんはR25が置いてある席に座ってしまいました。なんで置いてあるのか、考えないんですかね~。ありえないです~。

その後、食べたラーメンは、肉系でダシを取っていないとのことでしたが、何か匂います。魚介類の匂いというか、私の嫌いな感じの匂いです。ちょっと私には合いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/23

爆笑問題のススメ2005年2月14日の回

爆笑問題のススメの2005年2月14日放送の回を見ました。たまたまテレビをつけていたところ、放送したんですが、この前本を紹介した原田宗典がゲストで出ていました。

なんかゲストそっちのけで、爆笑問題と眞鍋かをりが話してるときもあり、普通の番組ではないなと思ってしまいました。面白かったですが。

コラムも続いていました。田中の突っ込みも面白かったです。
今回のテーマは『電車男』でした。今頃電車男かよという気もしますが、練馬区立図書館の予約者数はまだ500人を越えています。買うほどではないが、読んでみたいという感じでしょうか。

電車男
電車男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/22

インストール

別に映画は見たくないのですが、綿矢りさの『インストール』を読みました。

第130回芥川賞を受賞する前に、この作品を購入しました。帯の「全選考委員絶賛*最年少17歳 第38回文藝賞受賞作」というコピーに惹かれてしまったのですが。

読んでみると、少年と出会ってチャットを始めるまで、非常に読みづらかったです。大人からみた高校生のわからない頭の中を表現しようとしているのでしょうか。数ページ読んで、薄いのにコリャ読むのに骨が折れるな、よく絶賛されてるな、と思いました。

しばらく読み進めると、いままでの読みづらさは失せて、普通に読めました。何かが主人公に「インストール」され、社会に適応したという感じでしょうか。

書かれていることは特殊ですが、面白くないです。内容もありません。盛り上がらず、唐突に話が終わります。これがチャットだけでなく、実際に客と会い、少年と二人でピンチを切り抜けたりとか、少年の母親からもらった下着を売って、ひと波乱あれば面白いのですが。

あの文体は狙って書いたということでしょうか。特殊な内容を17歳の美少女が書いたということで、評価されているような気がしてなりません。芥川賞を受賞した『蹴りたい背中』を読んでみて、考えてみたいと思います。

インストール
インストール
蹴りたい背中
蹴りたい背中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/21

魔法戦隊マジレンジャー 放送開始

タイトルと違って、もう第二話も放送されてます。すみません。
二話見ての感想などを。

ハリー・ポッターとか指輪物語が流行っているからでしょうか。魔法の部屋の感じはいかにもって感じですね。
変身に携帯電話を使うのはガオレンジャーの路線を狙っているのでしょうか。変身するときの呪文が長すぎるような気がします。力の抜けるようなフレーズですし。

レッドが炎でフェニックスというのはなっとくですが、イエローが雷でガルーダというのは違和感があります。ピンクが風というこじつけなので仕方がないのでしょうが。母親が白くて雪を扱ってるので、ホワイトで雪は無理でしたか。ピンク抜き5人ってありましたっけ?

いかにもな敵のウルザードですが、名前からすると氷っぽいですが、闇の魔法使いとか。仲間になったら光を使うのでしょうか。

敵の幹部は少ないですね。そのうち追加か入れ替えがあるかも。
バンキュリアは合体しないで欲しいですね。

メンバーが兄弟ということで兄弟ならではのエピソードに期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特捜戦隊デカレンジャー

毎週チェックしていた「特捜戦隊デカレンジャー」が最終回を迎えました。

普通の戦隊物だと、悪の組織vsスーパー戦隊という構図の物が多かったと思います。
すぐに思い浮かぶのはタイムレンジャーくらいでしょうか。
最後は敵の組織を壊滅させてとか、原因を解決して大団円って終わるのがすっきりしてわかり易いですが、今回はそうは行きません。いったいどうやって終わらせるかと思いました。

レッドが地球署に着任するところから始まり、栄転するまでの話に終わりました。
宇宙警察の大ピンチを救い、地球のアリエナイザーがらみの犯罪も減るが、まだまだデカレンジャーの活躍は続くって感じです。
よく考えたなぁと思いました。
でも、デカベースに乗り込むとき、デカレンジャーロボとデカバイクロボに入れ替わって乗っていたとなっていますが、その前のデカバイクロボのソードトルネードはデカブレイクが繰り出してますよね。いいのでしょうか?

デカイエロー役の木下あゆ美に惹かれました。これからの活躍に期待します。


特捜戦隊デカレンジャー公式ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/20

何の印象もない女

何の印象もない女を読みました。

以前、読んだ むむむの日々と同じ原田宗典の短編集です。


認識論とかアイデンティティとか、そういう感じのことをテーマにして、いろいろな作品が収録されています。

特に気になったのは『中途半端な街』です。中途半端なことをそのまま書いてしまっては、面白さも中途半端になってしまいます。中途半端ではなくちぐはぐな街って感じですが、面白く書かれています。


何の印象もない女
何の印象もない女

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/19

サービス刑事

サービス刑事―ホテル・旅館・レストランの成功例105を読みました。

この本は副題の通り、ホテル・旅館・レストランの成功例が紹介されています。
私は小売業に分類される会社に勤めています。同業他社とは売る物は同じです。価格で差別化すれば、収益が悪化してしまいます。いかに値段を下げずに、お客様に満足して買ってもらえるか、参考になればと思い、読むことにしました。
実際、いくつか参考になりそうな点がありました。ちょうど部内でアイディアを出し合っていこうという方針になっており、役に立ちました。


サービス刑事―ホテル・旅館・レストランの成功例105
サービス刑事―ホテル・旅館・レストランの成功例105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/18

ブラジャケ二枚目

ぶらっとブラジャケのサイトを見たら、新しいジャケットが配布されてるではないですか。しかも2月2日から。出遅れました。

今日、配布先に行ってみるとまだありました。今回も映画のブラジャケです。
ニコラス・ケイジ主演のナショナル・トレジャーのブラジャケです。前回のよりは気に入ってます。リバーシブルなんですが、ほとんど違いがないのは残念です。
映画も見に行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/17

JavaScript見ながら入門

JavaScript見ながら入門を読みました。

業務上、JavaScriptを学ぶ必要があり、そういえば昔、本を購入してたよなぁと思って探したところ、掘り当てたのがこの本です。

JavaScriptはさまざまなブラウザで見ることを想定していて、基本的なところは変化はないので、古いこの本でも役に立つはずだと思って読み始めました。しかし、まったくわかりません。薄くて読みやすいだろうと思ったのですが、頭になかなか入ってきません。紙面が少ないせいか、説明も少なすぎるかと思います。

もっとカラフルでわかりやすい本を探して読もうと思います。


JavaScript見ながら入門

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/16

地震に慣れてる?

今朝、4時46分ごろ地震がありました。
私の住んでいるところでは震度4でした。

飛び起きて頭の上にある雑誌の山を崩れないように押さえていました。
残念ながら、本棚から本が落ちてしまいました。

本来なら、避難経路を確保し、布団でも被って頭を守らなければなりません。
片付けなければと決心しました。

あと地震に対して、だいぶ慣れてしまっているなと思いました。
地震後、眠かったのですぐに寝てしまったくらいで、ぜんぜん堪えてません。
油断して、もっと大きな地震だったら危険です。
新潟やスマトラ沖で大地震がありましたが、ぜんぜん教訓にしてない自分が情けないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/15

blogpetパワーアップ

このブログではblogpetのシローを飼ってますが、パワーアップするお知らせが届きました。

なんと、こいぬ、こねこ、こぱんだ、こねずみの四種類が追加になります。
ミニチュアダックスフンドが飼いたいと思っているので、こいぬがいいかなと思います。
でもシローがいますから、悩むところです。

これから始めるにはいいタイミングなのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/14

バレンタインデー

今日はバレンタインデーでしたね。

皆さんはチョコレート、もらえましたでしょうか?あげましたでしょうか。
私は公休日だったので、もらえませんでした。
親戚のおばさんからの一個だけです。母親からはミルクレープをもらいました。

昨年は売り場にいて、バイトの女の子からもらったりしました。
一昨年は休みでした。うーん、ついてないですね。

職場ではコミュニケーションの一つとして有効かもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/13

週末ビジネス起業術

週末ビジネス起業術―会社にいながら年収100万円アップ!を読みました。

今の部署に異動になる前に購入し、結局今まで読まなくても済んだのですが、また状況が変わってきました。

この本では、最後にインターネットショップを開業する方法を詳しく書かれています。その前は、さまざまな副業のスタイルを説明し、実際に活動されている方の話も出ています。
税金の話や、オークションの話、ネットショップの話など、数多く事例が書かれています。
参考になったのは、本業とは異なる分野で起業するというところです。私ならば、WEBサイトの管理をしているので、ホームページ作成代行や、ネットショップは駄目でしょうね。あとは会社で副業は禁止されているので、そこをうまくついた方法を考えなければなりません。
あとは趣味を活かすというところです。私の趣味は映画鑑賞とゲームなんでどうしたものでしょう。すぐには思いつきません。この際、新しい趣味を始めるのも手でしょうか。

この本は週末起業のほんの触りの部分の紹介であり、実際にネットショップをするなら、もっと詳しい本を読む必要があるでしょう。とりあえず副業に興味がある人は読んでみてください。


週末ビジネス起業術―会社にいながら年収100万円アップ!
週末ビジネス起業術―会社にいながら年収100万円アップ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/12

吉野家の牛丼

うちの職場は流行り物が好きなのでしょうか。
先輩が牛丼食べたいというので、三人で吉野家に行ってきました。

秋葉原電気街の中の吉野家はすごい混雑するだろうということで、オフィス街にある店に行きました。
こちらも7,8人並んでいましたが、持ち帰りの列でした。
店内での人はおじさんが一人だけ待っていました。あまりに待つなら諦めるつもりでした。

5分も待たずにおじさんは席に着きました。
間髪入れずに二階からも帰る人が。二階に行くことに。二階は半分も席に座っていませんでした。おじさん、上に行ってくれればよかったのに。

一人の注文はすぐに出てきました。
私と先輩の注文は、最初に出てきた人が食べ終わることにようやく出てきました。
味は昔のままって感じでした。豚丼とは違って、柔らかくておいしかったです。

自動車が突っ込んだり、渋滞が1キロ続いたり、いろいろありましたね。
iPod shuffleみたいに絞ったほうが、人気が高まるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/11

俺はどしゃぶり

俺はどしゃぶりを読みました。
第五回小説新潮長篇新人賞受賞作です。

高校教師の主人公が、アメリカンフットボール同好会をつくり、生徒たちと繰り広げる青春劇です。
アメフトは見るのは好きでした。最近、また盛り上がって来ているようで、ちょうどいいタイミングで読めました。
ただ単にアメフトの話だけでなく、高校生活が活き活きと描かれていて、もっと青春していたかったなと思いました。まだまだこれから?


俺はどしゃぶり
俺はどしゃぶり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/10

盛り上がった北朝鮮戦

06年ワールドカップドイツ大会アジア最終予選の対北朝鮮戦を見ました。

仕事から帰ってきた時点で一点リード。
風呂から出てきたら同点。
食事中は母親と眺めてました。
中村が入って、徐々にボールの支配時間が多くなるも、チャンスでシュートが外れたり。
北朝鮮のシュートがぎりぎり外れて焦ったり。
ロスタイムに入り、もう駄目だと思ったら劇的ゴール。

最初は安心して見ていられて、途中から不安にさせ、引っ張るだけ引っ張って、最後は劇的ハッピーエンドとまるでドラマのような展開。ゴールが決まった瞬間、二人で拍手してました。
でも安心して勝ち点3をゲットするところを見たかったです。精神衛生上よくないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/09

頭のいい状況判断50の方法

頭のいい状況判断50の方法を読みました。

一つ一つの話が2、3ページと短く、読みやすかったです。
いまいち語呂の悪いベストな「結果」を引き出す7つの力と判断力を鍛える5つの鉄則が紹介されています。変に語呂合わせをしていないので覚えにくいですが信憑性が高いと思います。
ちょうどうちの会社がやろうとしていることと似たようなことも出ていて、参考になりました。


頭のいい状況判断50の方法―迷いを断ち、「ベストな選択」ができる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/08

飛び飛びの法則

まだ二例しかないですが、飛び飛びなので書いてみます。

FINAL FANTASYシリーズはI、II、IIIは連続でプレイしてますが、
非プレイ IV、VI、VIII、X
プレイ V、VII、IX、XI
と飛び飛びになっています。

PIXAR作品も飛び飛びなのです。
トイ・ストーリー ×
バグズ・ライフ ○
トイ・ストーリー2 ×
モンスターズ・インク ○
ファインディング・ニモ ×
Mr.インクレディブル ○

ということで、FINAL FANTASY XIIはプレイせず、PIXARの次回作は見ないことになります。FF12はともかく、PIXARの作品は面白そうなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/07

機動戦士クロスボーンガンダム -スカルハート-

機動戦士クロスボーンガンダム -スカルハート-を読みました。

これはF91の後日談であるクロスボーンガンダムのさらに後日談になります。
F91は映画で公開され、クロスボーンガンダムはコミックでの展開となりました。ストーリーは面白いので、アニメ化しても人気が出たと思うのですが・・・
といいつつ、一番好きなのは最初のエピソードだったりします。アナベル・ガトーってゲルググに乗ってませんでしたっけ?彼専用リックドムを作ってみたいなと思ってしまいました。(ゲームでは登場するようです)


機動戦士クロスボーンガンダム -スカルハート-
機動戦士クロスボーンガンダム -スカルハート-

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/02/06

働きマン

働きマンを読みました。

フリーマガジン「R25」のレビューで紹介されていて、興味を持ったので購入しました。
読み終えて、仕事で全力を出したのってどのくらいあるか考えてしまいました。
うちの職場では最近、部長が変わり、体制が一新。これを機会に、たまには働きマンになってやろうかと思ったりしました。


働きマン
働きマン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/05

無賃乗車

無賃乗車を目撃しました。それも二件。

一件は元旦です。
練馬駅の改札で、前にチーマーっぽい若い男が二人いました。そして二人とも切符を通さずに堂々と通っていきました。駅員は他の客の対応をしていたようです。チャイムが鳴り響いていましたが、その二人はとっとと歩いていってしまいました。

もう一件は1月2日です。初詣帰りだったので覚えています。
こちらは改札内から外で出るところです。混雑していました。私の前にいる男が、その前にいる女性との距離を詰めました。彼女なのでしょうか。もう触れてるか触れてないか、極接近です。そして切符を改札に通すふりをして、抜けていきました。こちらはセンサーの盲点をついた方法ですね。昔、どこかの番組で何人まで通過できるかやっていたのを思い出しました。4人まではできたような気がします。

前者はもうぜんぜん悪びれる様子がなく、非常に困ったものだと思いました。でも注意したら危なかったかも。
後者は悪いことをしていると自覚してるから、あんなフェイクを入れたわけで、注意したら反省したかもと思ったり。
もっとも最近は怖いんで、憤りを感じつつも何もしてません。正直者がバカを見る社会は是正してもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/04

OSを入れてまずインストールする10のアプリ

ちょっと前に流行ったようです。
最近、使っているソフトを変えたので書いてみました。

アプリケーションということで、OSをインストールして、各種パッチ、ドライバ類は除いて考えます。

1、ウイルスセキュリティ2005:ウィルス対策ソフト
 昔はノートンアンチウィルスでした。バージョンアップしないと、ウィルス定義ファイルが更新できないというのは大問題です。シマンテックの方針に反発しました。

2、Laplus:解凍ソフト
 以前はLHAユーティリティ32を使っていましたが、会社のPCにインストールしてあったLaplusの右クリックから圧縮・解凍の操作が楽チンで乗り換え。

3、Sleipnir:ブラウザ
 以前はIEでした。他のタブブラウザを試していましたが、操作性がいまいちでした。思い切って乗り換えると快適!

4、gooRSSリーダー:RSSリーダー
 Blogを本格的に書くようになって、他の人のBlogを巡回するようになりました。とりあえず今はこれです。昔はBlogもウェブサイト更新をチェックするソフト:WWWCに登録してチェックしていました。

5、秀丸エディタ:エディタ
 非力なノートPCを使っているときに使用開始。以後、ずっと使い続けてます。ボタンのカスタマイズをして使いやすくしてます。

6、鶴亀メール:メーラー
 以前はAL-Mailを使用。5年くらい使っていました。ウィルスセキュリティとの相性が悪くて乗り換え。秀丸エディタをレジストしていると無料で使えるのが○。

7、Orchis:ランチャ
 最初はZOO!、次にEZランチャー、そしてこれにたどり着きました。各ページに登録できるソフトの数が違っていても違和感がないのが好きです。ホイールで切り替えられないのは最近微妙に感じていますが・・・。

8、みやバック:バックアップソフト
 フォルダやファイルを指定して、指定したドライブにコピーするソフトです。フォルダ階層はそのまま残るので、個別に必要なファイルだけ戻すことが可能。外付けUSBHDDにバックアップしています。

9、FODH:ダイアログヘルパー
 Windows 標準の「ファイルを開く」「名前をつけて保存」等のダイアログウィンドウを上図のように拡張するフリーソフトウェアです。秀丸エディタで深い階層のファイルを開くときに重宝しています。

10、ToClip:クリップボード拡張ソフト
 本来は登録したテキストをポップアップメニューから貼り付けるツールなんですが、クリップボード履歴も管理できるので、もっぱら後者で使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/03

節分

今日は節分です。

うちでは父親が豆まきをしたようです。鰯の頭を焼いて、ヒイラギの枝に刺し、家の入り口に差すこともしています。いろいろ風習を守ってます。

蒔かれた豆を自分の年の数だけあるいは、年の数+1だけ拾って食べ、一年の無病息災を願う風習もありますが、地面に落ちた豆を拾って食べるのには抵抗があります。いままで蒔かずに残った豆を食べてました。というか脂っこくて20歳を過ぎたら全部食べれなかったことも多く・・・今年は砂糖で包まれた大豆も用意されていました。これなら問題なく食べられます。

そうそう、太巻きも食べました。
ここ何年か、コンビニとかスーパーで節分には「まるかぶり」とかいって売り出してる気がします。調べたら関西地方の風習とか。「節分の夜、恵方(本年は西南西)に向かって無言で家族そろって巻寿司を丸かぶりすると必ずその年は幸福がまわってくると昔から伝えられています。」とのこと。家族揃ってないし、方角気にしないで食べてしまいました。来年、頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「つかみ」の大研究

「つかみ」の大研究を読みました。

前に紹介したとなりのハハハと同じ作者です。

この本には、いろいろな人の「つかみ」の事例が収録されています。そしてそのつかみが非常にうまいと評価されています。しかし、どこがどうやって人を惹きつけているのか、分析されていません。列挙されているだけで、消化不良のまま先に進む感じがして、読むのに疲れました。

「つかみ」がいまいち弱い私は、これを読んでもうばっちり話に自信を持てるようになると期待したのですが、期待はずれでした。唯一良かったのは、作者のサンデー毎日の編集長時代の話です。自分のことだけあってここだけ別の文章のようにわかり易く、面白く書かれていました。

「つかみ」の大研究―なぜ人を虜にするのか!?
「つかみ」の大研究―なぜ人を虜にするのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/02

ZakuCopyを使ってみた

ubicast Bloggerやblogeetを紹介してからしばらくたちました。
今はどちらも使っていません。そんな装飾にこだわっていないのが現状です。このフォントはなんとかしたいなとは思っていますが、CSSをいじれないので困っています。

そんな中、便利なソフトを発見しました。それは「ZakuCopy」です。
「ZakuCopy」は、タイトルとURLをクリップボードにコピーする「RakuCopy」の機能バリエーションという形で、実行したときの書式を自由にカスタマイズ可能というソフトです。
私は「~へトラックバック」という文を追加し、記事作成時に活用してます。これがあれば、今までコピー&ペーストをリンクタグ、タイトル、URL、リンクタグ、記事名、記事のURLと6回も繰り返していたのが一回で済むのです。WindowsでIE(IEのコンポーネントを使っているブラウザでも可)を使ってblogを書かれているからは、ぜひ使ってみてください。
タグが自分で書けるならカスタマイズは簡単です。

ZakuCopyの製作者のページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/01

エンパラ

エンパラを読みました。

この本は作家 大沢在昌とゲスト作家の対談集です。
1995年から1996年にかけて、旬の作家との対談が収録されています。インタビューの仕方も良くて、紹介されている本を読みたくなってしまいます。
前の本が紹介されているので図書館で借りてしまおうと思いましたが、ちょうど整理日に当たっていて借りられませんでした。何年ぶりかに訪れたというのに・・・とりあえず所有していた本を読んでみます。

エンパラ―旬な作家15人の素顔に迫るトーク・バトル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »